梅花駅伝運営 裏方として28年

地域の話題

[ 2019年 2月 9日 土曜日 14時59分 ]

 天龍村で17日に開かれる「第50回天龍梅花駅伝」の準備が本格化し、運営にボランティアで携わり28年目になる同村平岡の宇津恵万司女(うつえましめ)さん(82)も1月下旬から選手に配る荷札作りに取り掛かるなど、9日までに7割ほどの作業を終えた。

 宇津恵さんは大会の準備段階における中心的裏方さん。以前は教育委員会が行っていた準備作業を自分から手を挙げて引継ぎ、この時期は村文化センターなんでも館内の図書館にこもり、荷札やゼッケン、たすきなどを1人で黙々と袋詰めする宇津恵さんの姿が恒例となった。

 今では最初から着色された荷札も「色紙がなかった昔は、シンナーの匂いをかがないようマスクをしてペンでひたすら色付けしていった」と懐かしむ。1984年と2014年の過去2回は雪で大会が中止となり「私が頑張った20日間はなんだったのか。むなしくなった」と、今でこそ笑みをこぼして思い返す。

 今年も準備は着々と進み、選手に必要なものから参加賞、交通指導員や大会役員用品までがきれいに整理されて図書館内にずらりと並ぶ。「健康でいられたことが継続できた第一の理由。裏方は選手たちと接することはないけど、私の生きがいになっている」と語る。

 昨年、宇津恵さんが会長を務める女性8人の「はぐるま会」が、「信濃の国」の県歌制定50周年を記念してオリジナル扇子を作成した。

 06年の天龍村制50周年時に前村長で書家の大平巖さんに全歌詞をしたためてもらった扇子の片面に、県花リンドウの墨彩画をプリントして計1000本を作成。うち140本を節目を迎える今大会の選手へのプレゼント用に取り分けておいた。

 「村に一番人が集まる日。若く元気な人たちでにぎやかになる。今後も続けてもらいたい」と大会の継続を願っている。

 記念大会には130チームがエントリー。南宮大橋を渡り泰阜村内に入るなどコースを一部変更し、天龍中学校グラウンドを午前11時にスタートする。

◎写真説明:大会準備を進める宇津恵さん(村図書館で)

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

【大鹿村】文化財防火デーに合わせ消防署員が立ち入り検査「も改めて防災意識を持ってほしい」

1月27日木曜日15:41

【喬木村】村長選3選を果たした市瀬直史氏が初登庁「次世代への土台をつくる4年間に」

1月27日木曜日15:14

【喬木村】氏乗の禍誤除けの滝の氷結進む 落差約30メートルの氷瀑

1月26日水曜日15:31

【飯田市】南信州地域初、市民出資型小水力発電所の安全祈願祭と起工式開く

1月26日水曜日15:24

【阿智村】村長選が告示され24年ぶりの選挙戦へ 現新2人の「一騎打ち」

1月25日火曜日15:45

【売木村】売木小学校児童が「田んぼリンク」でスケート楽しむ「まだまだ滑りたい!」

1月25日火曜日15:19

【飯田市】東野大獅子保存会がお練りまつりに向け準備 獅子舞の屋台部分などに使う竹の加工作業

1月24日月曜日16:10

【平谷村】ほっとパークひらや郷でアイスキャンドル 親子連れらが幻想的な明かり楽しむ

1月24日月曜日16:34

グリムスパンキー ニュース 2022.01.23.

1月23日日曜日17:41

【飯田市・下伊那】各地の最低気温が今冬最低を観測 高森町牛牧の不動滝は全面結氷に

1月22日土曜日13:31

【阿智村】任期満了に伴う阿智村長選25日に告示へ 24年ぶりの選挙戦

1月22日土曜日13:41

【飯田市】新型コロナウイルスワクチンの3回目接種 65歳以上の高齢者対象に来月開始へ

1月21日金曜日15:41

【天龍村】神原地区で早咲きの梅「冬至梅」ほころぶ 気温上がらず例年より遅く

1月21日金曜日15:54

【飯田市・下伊那】冬場に多発 広域消防がヒートショックの注意呼び掛け

1月20日木曜日15:59

【飯田市】リニア中央新幹線の建設工事 下久堅で残土の盛り土造成準備工事進む

1月20日木曜日15:07




南信州新聞の購読はこちら

記事の検索はこちらから




印刷について

出版物について

工場見学について

公式Twitter

公式フェイスブック

RSS




三遠南信biz

南信州企業ナビ

南信州飯田観光ガイド2021

グリムスパンキーニュース

南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞