水鉄砲で暑さ飛んでけ

地域の話題

[ 2021年 8月 2日 月曜日 15時43分 ]

 飯田市橋南公民館の育成委員会は1日、地区内の小学生を対象にした行事「水鉄砲合戦―橋南夏の陣」を追手町小学校の校庭で開いた。約160人が集まり、小学生85人が対戦。手作りの水鉄砲から水を噴射させながら、暑さを吹き飛ばした。

 同じ会場で例年開いている飯ごう炊さんが新型コロナウイルスの影響で開けないが、「夏休みの思い出になるような代替行事を」と初めて企画。試行錯誤の中で準備を進め、子どもたちも水鉄砲作りの段階から関わった。

 子どもたちは校庭に設けたコートに入ると、10対10に分かれて6試合を対戦。相手チームの子どもたちが頭の上に付けているポイ(金魚すくいの道具)を射抜くため、水の注入と噴射を繰り返しながらの攻防を繰り広げた。

 4年生の男子児童(9)は「面白い。服がぬれたけど自分のポイは無事で、相手チームの人のを破れたので良かった」と話していた。

 終了後には、楽しい一日を締めくくるサプライズの仕掛け花火もあり、子どもたちを喜ばせた。

 前段では芋掘り体験もあり、子ども21人と大人10人、委員15人が参加した。

◎写真説明:水鉄砲を打ち合う子どもたち(追手町小で)

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     







記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞