満蒙開拓記念館 女子隊員の手紙を展示

地域の話題

[ 2021年 7月 10日 土曜日 13時24分 ]

 阿智村駒場の満蒙開拓平和記念館は、初夏のミニ企画展「満州勤労奉仕隊の経験―下伊那報国農場女子隊員の手紙から」を開いている。当時19歳で同隊に参加し、旧満州に渡った旧和田村(現飯田市南信濃)の酒井貴恵さん(故人)の手紙を紹介しながら、同隊に光を当てている。18日まで。

 酒井さんが参加した下伊那報国農場は、日本本土の食糧不足を補うため、1944年に下伊那郡町村会が編成し、青年学校の生徒や卒業生を対象に隊員を集めた。渡満期間は4~10カ月と短かった。

 酒井さんは第二次隊員として45年3月、阿智郷や南信濃郷に近い満州北部の同農場へ渡った。第二次隊員は28人が入植し、女性の割合が高かった。同年8月、ソ連参戦と日本敗戦の混乱に巻き込まれ、生きて帰ることができたのは2人のみだった。

 企画展では酒井さんが家族に宛てた手紙を紹介。「なんだか夢の国へでも行ったよう」と楽しい農場生活を書いている一方、別の手紙には男性2人が召集されたことを記しており、満州に不穏な気配がただよい始めている状況を示唆している。

 手紙に同封されたスズランの押し花の実物や、日付の違う2通の死亡告知書も展示している。

 大鹿村から開拓団として渡った岐阜県揖斐郡池田町の女性(87)は「私もアミーバ赤痢にかかって大変だった。辺り一面にスズランが咲いていた」と当時を思い出しながら、手紙をじっと見つめていた。

 同館の寺沢秀文館長は「満州勤労奉仕隊や報国農場隊にはあまり目を向けられてこなかった。若い人が多く、終戦間際に渡りたくさんの方が亡くなった。平和な時代だからこそ、隊員たちがいたこと、悲しい歴史があったことを知ってほしい」と話した。

◎写真説明:酒井さんの手紙から下伊那報国農場隊を紹介している

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

【阿智村】村内企業や事業主支援へ 1億円超の新型コロナウイルス緊急経済対策事業

9月25日土曜日14:47

【飯田市】飯田西中1年生が猿庫の泉で野点茶会を体験「抹茶は苦かったけれどすがすがしい気分」

9月25日土曜日13:42

【飯田市・下伊那】マツタケの入荷順調、森林組合北部支所直売所は買い物客でにぎわう

9月24日金曜日17:40

【豊橋市・飯田市】ヤマサちくわがねぎだれに合う練り物を商品化「飯田おでんの具にも」

9月24日金曜日17:08

グリムスパンキーニュース 2021.09.19.

9月23日木曜日16:42

【リニア中央新幹線】長野県内初、伊那山地トンネル青木川工区の本線用トンネル掘削を開始

9月22日水曜日16:15

【飯田市・喬木村】4社がフィットネス市場に向け半生菓子を発売「トレーニングに最適」

9月22日水曜日15:36

【飯田市】市消防団が防災功労者内閣総理大臣表彰「昨年7月豪雨で人命の安全確保と被害軽減に尽力」

9月21日火曜日15:36

【飯田市】「SDGs身近に」田畑茶舗が期限切れのお茶をほうじ茶にする「息吹茶サービス」を開始

9月21日火曜日15:38

【長野5区】衆院任期満了まで1カ月、日程不透明も与野党の動き活発

9月20日月曜日13:58

【飯田市】和田諏訪神社で御柱祭に向けて用材伐採「斧入れ式」

9月20日月曜日13:33

【飯田市】飯田商工会議所が飲食店応援プロジェクト「いいだHappy Eats」始動

9月18日土曜日13:37

【飯田市】飯田署が動物園に委嘱状を交付

9月18日土曜日13:40

【阿南町】阿南高校生が「鈴ケ沢なす」や「鈴ケ沢南蛮」など伝統野菜見学

9月17日金曜日15:28

【飯田市】美術博物館が菱田春草子ども向け鑑賞ガイド作成

9月17日金曜日15:24








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞