災害多言語支援センターの訓練

地域の話題

[ 2013年 11月 15日 金曜日 9時43分 ]

 災害時に、日本語が不自由な外国出身者に対して、多言語で情報を提供し、避難所に通訳を派遣するための「災害多言語支援センター」の設置・運営訓練がこのほど、飯田市東栄町の飯田勤労者福祉センターであった。県観光部国際課が県内で初めて飯田市で実施したもので、同課では「こういう訓練を通して、災害時に外国籍の人たちに必要な情報を適切なタイミングで提供できる体制をつくっていきたい」と話していた。

 訓練には、外国籍が多い飯田市や軽井沢町、上田市などの市町村、県社会福祉協議会、飯田市社会福祉協議会、県国際化協会、県下伊那地方事務所、危機管理部、観光部などの関係者30人と、日本語の通訳ができる7カ国の外国籍のボランティア14人が参加。

 初動対応班、総務1班、総務2班、情報班に分かれて、避難者の把握や避難所巡回ルートの確認、外国人被災者の予測地図の作成、通訳ボランティア受入れ体制整備、災害情報の多言語化、電話相談対応などの訓練を繰り広げた。体育館に設けた「避難所」を実際に巡回して情報を届けたり、外国人特有のニーズを聴取する訓練も行った。

 訓練の講師を務めた多文化共生マネージャー全国協議会の理事で富山県職員の柴垣禎さんは「大事なことは外国籍は地震のことを知らないので、何が起きているか理解できずパニックになる。正しく情報を伝えるために言葉の通訳が必要。外国人との文化の違いから行動の違いもあるので、文化的な通訳も大事」と強調した。

 柴垣さんは2007年の新潟中越沖地震時に外国人支援の活動に従事した経験から、自治体国際化協会の「災害多言語支援センター設置運営マニュアル」の作成に携わる。東日本大震災では、発生当日に多言語支援センターを設置し、10言語による災害情報を発信している。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

【飯田市・お練りまつり】本町三丁目大名行列保存会が役者全体会議を開く

12月2日木曜日15:25

【飯田市・お練りまつり】東野大獅子保存会が獅子頭など3点をシルクホテルに展示 宿泊客に祭りをPR

12月2日木曜日15:37

【飯田市】上村小児童が湯立神楽「霜月祭り」に向け横笛を練習「一生懸命吹いて、練習の成果を出したい」

12月1日水曜日15:13

【飯田市】喜久水酒造が国際シードル品評会で県内で唯一の最高賞を受賞

12月1日水曜日15:57

【阿智村】満蒙開拓平和記念館が来館者20万人を達成 平和の尊さ未来へ伝える拠点に

11月30日火曜日15:33

【飯田市】お練りまつり奉賛会が広告塔を設置 7年に一度の祭りをアピール

11月30日火曜日15:06

【阿南町】国交省天竜川上流河川事務所が地すべり対策事業の着工式開く

11月29日月曜日15:31

【飯田市】「最も長い鉄板」のギネス世界記録挑戦イベント開催

11月29日月曜日15:56

【飯田市】商議所青年部がキッチンカーフェスティバル開催 飲食や音楽でにぎわいみせる

11月27日土曜日14:47

【阿智村】飯田国道事務所が除雪出発式を開く 安全な交通確保と作業実施への意識高める

11月27日土曜日14:46

【飯田市】ギネス世界記録に挑戦する世界一長い鉄板製作が佳境 「飯田焼肉の日」の29日に

11月26日金曜日16:45

【飯田市】サッカークラブ「アザリー飯田フットボールクラブ」が今シーズンの全日程終了

11月26日金曜日15:31

【松川町】リニア建設工事の残土運搬車両 来年1月からモニタリング調査実施へ

11月25日木曜日16:05

【豊丘村】JR東海と建設会社などが中央新幹線安全推進協議会を設立 リニアトンネル工事の崩落事故を受け豊丘村で初会合

11月25日木曜日16:13

【飯田市】佐藤健市長 市議会定例会あいさつで2022年度予算編成基本方針に触れる 「コロナ禍を乗り越え、日常を取り戻す年」

11月24日水曜日16:45








記事の検索はこちらから




三遠南信biz










南信州企業ナビ

南信州飯田観光ガイド2021

南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞