生産者組合と園児がていざなすで交流給食

地域の話題

[ 2018年 11月 2日 金曜日 16時11分 ]

ていざなすを使ったフライを、大きな口で頬張る天龍村の園児たち

 天龍村ていざなす生産者組合(熊谷文孝組合長)は2日、普及活動の一環として天龍保育所の園児たちに自慢の「ていざなす」を味わってもらう交流給食会を同園で開いた。需要はあるものの高齢化などで生産力が足りない現状を背景に、子供たちに身近な食材として楽しんでもらい、将来の担い手につなげたい考えだ。

 信州の伝統野菜に認定される村の特産「ていざなす」。大きなもので長さ30センチ超、重さも近年は700グラムを超え、果肉の柔らさや甘みの強さが人気だ。

 今年は7月の渇水、8月の猛暑、9月の台風と農家泣かせの生産環境で、目標よりも若干少ない約2万本を県内外に出荷。一方、大きさや果肉のつまり具合は良好で、今月中旬まで収穫が続くという。

 組合は本年度から、県の元気づくり支援金を活用するなどして普及を本格化させており、この日は組合員や天龍農林業公社職員が同園を訪れ、大きなていざなすを見せて活動を紹介。園児ら14人と一緒に「ていざなすのフライ」を味わった。

 園児たちも大きなフライを上手に箸でつかむと、「柔らかくておいしい」と大きな口で頬張り笑顔。熊谷組合長は「食べて良さを知って、大人になったら思い出して作ってもらいたい」と呼び掛けた。7日には小学校でも給食の食材で扱うという。

 将来を見据え、生産者の増加を目指す組合は今後、子供たちや県外から訪れる観光客が、生産から収穫までを体験できるような新たな取り組みにも着手する。種苗担当の板倉貴樹さん(42)は「まずは知ってもらうことが大事。そこから次につながるような仕掛けをつくりたい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

Sponsored Link

     

最近の記事

【飯田市】「丘の上結いスクエア」がグランドオープン 朝から多くの買い物客でにぎわう

5月19日木曜日15:23

【飯田市】ツアー・オブ・ジャパン信州飯田ステージ開く 優勝は「チーム右京」ネイサン・アール

5月19日木曜日15:21

【飯田市】「姫路お城まつり」に向け本町三丁目大名行列保存会が市長表敬

5月18日水曜日16:18

【飯田市・下伊那】南信州広域連合がご当地ナンバーの研究へ 導入に前向きな意見も

5月18日水曜日16:54

【飯田市・下伊那】南信州広域連合と県議 信大新学部誘致へ連携姿勢を強調する

5月17日火曜日15:45

【飯田市】駅前新拠点完成「丘の上結いスクエア」の竣工式開く オープンは19日

5月17日火曜日15:35

【天龍村】天龍小学校で児童が茶摘みと手もみ体験 上手に摘めたと笑顔の場面も

5月16日月曜日15:57

【浜松市】三遠南信道・水窪佐久間道路の中心くい打ち式 最後の未着工区間で事業本格化

5月16日月曜日15:34

【高森町】ウクライナ避難民9人が町営住宅に「引っ越し」 新しい生活の第一歩踏み出す

5月14日土曜日13:17

【飯田市】飯田マツブツがエス・バードにレンタルキッチンスタジオをオープン

5月14日土曜日13:59

【飯田市】下伊那農業高校でVR体験 仮想現実で農業機械の安全利用について学ぶ

5月13日金曜日16:00

【飯田市・下伊那】南信州広域連合が飯田下伊那地域への信州大学新学部設置のメリットについて提案

5月13日金曜日16:03

【売木村】阿南病院が医師不在の診療所を支援 オンライン診療導入へ

5月12日木曜日15:54

【天龍村】天龍中生徒が「商品」意識した梅の収穫作業 梅花駅伝での販売を目指す

5月12日木曜日15:25

【阿南町】阿南町長選で3選を果たした勝野一成町長が初登庁「1次産業の活性化や医療福祉の充実を中心に考える」

5月11日水曜日15:39




南信州新聞の購読はこちら

記事の検索はこちらから




印刷について

出版物について

工場見学について

公式Twitter

公式フェイスブック

RSS




南信州飯田観光ガイド2022春夏

三遠南信biz

南信州企業ナビ

グリムスパンキーニュース

南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞