男性対象の運動教室

地域の話題

[ 2012年 10月 20日 土曜日 8時11分 ]

 身近な運動をきっかけとした健康づくりを推進する飯田市保健課は、男性を対象とした3種類の運動教室を9月から11月まで実施している。昨年度は1教室を3カ月開催したが、今年度は世代ごと3種類の教室(いずれも計4回)を設け、対象者が運動の方法を選択できるようにした。9月の「腰痛改善講座」に続いて、10月は「ストップメタボ講座」を開催中で、11月の「ボディー改造講座」の受講者も募集している。

 市の「地域健康ケア計画2012」の重点プロジェクトのひとつ「歩こう動こう 運動で健康づくり」の中の1事業。生活習慣病予防や介護予防には、適度な運動の継続が必要だが、働き盛りの運動不足による肥満や生活習慣病は、社会的な健康課題となっている。

 市の保健師、鈴木友子さんは「身近な運動を生活に取り入れるきっかけづくりや、健診受診など健康づくりに関心をもってもらいたい」と説明。保健師や栄養士によるミニ講座も行い、健診受診や健康づくりに関心を持つよう呼び掛けている。

 18日夜、羽場公民館で開いた「ストップメタボ講座」の第3回には、上郷や山本、伊賀良、羽場などの40代から70代までの男性15人が参加。血圧測定に続いて、保健師からメタボと運動に焦点を当てた話を聞いた後、アイスクの健康運動指導士、梅村和代さんの指導でラジオ体操、チェアエクササイズ、ウオーキング、自宅でもできる筋肉トレーニングとストレッチをして体を動かした。

 健康講話をした鈴木保健師は「おなか回りが男性85センチ、女性90センチ以上で、高血圧、高脂血症、高血糖のうち2項目以上ある人はメタボ。動脈硬化につながり、脳梗塞や心筋梗塞の発生率が高まる。内臓脂肪を燃焼させて落とすには、ウオーキングやジョギング、筋力トレーニングなどの有酸素運動が一番いい。毎日運動を続けることと、毎年健診を受けて血液をチェックすることが大切」と強調した。

 参加者は毎回、通信活動量計をつけて毎日目標の歩数を達成できているか記録しているが、8~9割の人が目標を達成している。講座をきっかけに毎日運動している人も増えているという。

 羽場の50代の会社員は「妻から勧められて参加した。今日も出張から1時間ぐらい前に帰ったばかり。まだ目に見えた効果は出ていないが、長い目で健康づくりにつながれば」と控え目に話していた。

 問い合わせは、市保健課(電話22・4511、内線5513)へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

【飯田市】千代の棚田百選「よこね田んぼ」で稲刈りイベント かかしコンテストも

9月28日火曜日15:20

【飯田市・下伊那】長野県が感染警戒レベル4を解除、南信州圏域は1に

9月28日火曜日15:07

【飯田市・下伊那】11月に「南信州キッチンカーフェスティバル」開催へ

9月27日月曜日15:08

【高森町】高森南小学校で南極・昭和基地の南極地域観測隊員とライブ中継

9月27日月曜日15:57

【阿智村】村内企業や事業主支援へ 1億円超の新型コロナウイルス緊急経済対策事業

9月25日土曜日14:47

【飯田市】飯田西中1年生が猿庫の泉で野点茶会を体験「抹茶は苦かったけれどすがすがしい気分」

9月25日土曜日13:42

【飯田市・下伊那】マツタケの入荷順調、森林組合北部支所直売所は買い物客でにぎわう

9月24日金曜日17:40

【豊橋市・飯田市】ヤマサちくわがねぎだれに合う練り物を商品化「飯田おでんの具にも」

9月24日金曜日17:08

グリムスパンキーニュース 2021.09.19.

9月23日木曜日16:42

【リニア中央新幹線】長野県内初、伊那山地トンネル青木川工区の本線用トンネル掘削を開始

9月22日水曜日16:15

【飯田市・喬木村】4社がフィットネス市場に向け半生菓子を発売「トレーニングに最適」

9月22日水曜日15:36

【飯田市】市消防団が防災功労者内閣総理大臣表彰「昨年7月豪雨で人命の安全確保と被害軽減に尽力」

9月21日火曜日15:36

【飯田市】「SDGs身近に」田畑茶舗が期限切れのお茶をほうじ茶にする「息吹茶サービス」を開始

9月21日火曜日15:38

【長野5区】衆院任期満了まで1カ月、日程不透明も与野党の動き活発

9月20日月曜日13:58

【飯田市】和田諏訪神社で御柱祭に向けて用材伐採「斧入れ式」

9月20日月曜日13:33








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞