秋の実りに喜び 140人が一斉に稲刈り よこね田んぼ

地域の話題

[ 2018年 10月 7日 日曜日 12時29分 ]

よこね田んぼで一斉に稲刈り

 飯田市千代の棚田百選「よこね田んぼ」で6日、よこね田んぼ保全委員会(川手重光会長)とボランティアなど約140人が一斉に稲刈り作業を行った。昨年から導入した田んぼのオーナー家族も参加。稲刈りの後には収穫祭を開き、地元産の野菜や肉、よこね田んぼの米を使ったおはぎなどをほおばり、実りの秋を喜び合った。

 よこね田んぼは芋平地籍に広がる約3ヘクタールの棚田。昔ながらの棚田を後世に残そうと保全委員会が管理を行っている。地権者の高齢化対策として昨年度からはオーナー制度を導入。今年は個人12組、法人4組から申し込みがあった。

 前日までの雨の影響で田んぼの泥はぬかるみ、参加者は泥に足をとられないよう注意を払いながら、鎌を握って稲を刈り取り。子どもたちも泥まみれになりながら作業に励んだ。

 子どもたちに生き物とご飯の大切さを知ってもらいたい―と個人オーナーになった内山友美さん(36)=静岡県浜松市=は、家族5人で初めての稲刈りに挑戦。「いつもスーパーで買うお米ができるまでに大変な苦労があることを知った。子どもたちも畦塗りから続く一連の農作業を体験し、ご飯粒を残さなくなった」と話した。

 札幌市を中心に美容室を展開する「e―スタイル北海道」の伊東陽子社長(68)=札幌市=は、個人オーナーの娘に誘われ、よこね田んぼを訪問。棚田の風景に一目ぼれし「棚田の風景を後世に残したい」と企業オーナーになった。「北海道もお米が美味しいが、米作りはほぼ機械化しており環境も全く違う。伝統的な米作りの魅力を伝えていってほしい」と語り、娘夫婦や孫らとともに作業に汗を流していた。

 稲刈り作業後には、先月開通したばかりの展望台までの遊歩道のお披露目も行われ、ドローンを使った記念撮影を楽しんだ。

 作業を見守った市地域おこし協力隊の上原祐二さん(46)は「個人・企業ともに昨年からオーナー数が増えた。今後も積極的な情報発信を続けていきたい」と力を込めた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

Sponsored Link

     

最近の記事

【天龍村】天龍小学校で児童が茶摘みと手もみ体験 上手に摘めたと笑顔の場面も

5月16日月曜日15:57

【浜松市】三遠南信道・水窪佐久間道路の中心くい打ち式 最後の未着工区間で事業本格化

5月16日月曜日15:34

【高森町】ウクライナ避難民9人が町営住宅に「引っ越し」 新しい生活の第一歩踏み出す

5月14日土曜日13:17

【飯田市】飯田マツブツがエス・バードにレンタルキッチンスタジオをオープン

5月14日土曜日13:59

【飯田市】下伊那農業高校でVR体験 仮想現実で農業機械の安全利用について学ぶ

5月13日金曜日16:00

【飯田市・下伊那】南信州広域連合が飯田下伊那地域への信州大学新学部設置のメリットについて提案

5月13日金曜日16:03

【売木村】阿南病院が医師不在の診療所を支援 オンライン診療導入へ

5月12日木曜日15:54

【天龍村】天龍中生徒が「商品」意識した梅の収穫作業 梅花駅伝での販売を目指す

5月12日木曜日15:25

【阿南町】阿南町長選で3選を果たした勝野一成町長が初登庁「1次産業の活性化や医療福祉の充実を中心に考える」

5月11日水曜日15:39

【喬木村】リニア高架橋工事で移転する伊藤製菓本社工場新築工事の地鎮祭

5月11日水曜日15:03

【高森町】和食や空手で交流深める 高森町内飲食店でウクライナ避難民の歓迎会開く

5月10日火曜日15:20

【飯田市】本町の市場が“復活” キラヤ跡に「なみきマーケット」今月20日オープンへ

5月10日火曜日15:07

【天龍村】天龍中学校が夏に先駆け県内で最初のプール開き 水しぶきで初夏到来告げる

5月7日土曜日14:55

【飯田市・下伊那】夏の参院選まで残り2カ月 杉尾、松山氏が飯伊でも前哨戦を展開

5月7日土曜日13:22

【飯田市】オケ友企画「クリニックコンサート」開く 120人が学びの成果を披露

5月6日金曜日16:37




南信州新聞の購読はこちら

記事の検索はこちらから




印刷について

出版物について

工場見学について

公式Twitter

公式フェイスブック

RSS




南信州飯田観光ガイド2022春夏

三遠南信biz

南信州企業ナビ

グリムスパンキーニュース

南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞