移住や広域観光で連携

地域の話題

[ 2021年 2月 16日 火曜日 15時23分 ]


 三遠南信地域(東三河、遠州、南信州)の一体的な振興に向け、行政・経済関係者が意見交換する「第28回三遠南信サミット2021in遠州」(三遠南信地域連携ビジョン推進会議主催)が15日にオンライン開催された。「県境連携の再価値化」をテーマにパネルディスカッションを行い、新型コロナウイルスの感染拡大により地方への分散化が進む中、交通ネットワークの早期整備と持続可能な経済活動、広域観光の実現、移住者と企業の受け入れを連携して進める「サミット宣言」を採択した。

 サミット宣言には、新型コロナウイルス感染症がもたらす脅威にひるむことなく第2次三遠南信地域連携ビジョン(2019年度策定)の実現を目指すとともに、三遠南信地域が大都市から地方への分散化の受け皿となるよう、▽三遠南信道と浜松三ケ日・豊橋道路の早期実現▽加速するデジタル化と、経済モード・安全モードの「デュアルモード社会」への対応▽域内の多様な観光資源を生かした広域観光プロモーション▽地方移住の流れをチャンスととらえた定住の環境づくりと企業、人の受け入れ体制づくり―を盛り込んだ。

 冒頭で「地方への人の流れは大きなチャンス」と述べたSENA会長の鈴木康友浜松市長は「県境を越えた広域連携による絆をさらに強化・進化させ、新たな地域連携のプラットフォームの形成を進めつつ、地域課題の解決に向けた挑戦を続けていく」と宣言した。

 SENAは移住希望者受け入れの具体策として、希望する条件にかなった移住先が検索できる機能が付いた三遠南信移住ポータルサイト「愛知・静岡・長野 おんだんあんしん三遠南信」を同日から公開した。

 パネルディスカッションは浜松、豊橋、飯田の3市を結んでリモート開催し、佐藤健飯田市長、飯田商工会議所の原勉会頭らSENAの正副会長6人が、持続的な経済活動、ウィズコロナ時代の観光・移住に関係するそれぞれの取り組みについて報告。広域的な展開の可能性を探りつつ、サミット宣言の方向性を導き出した。

 次回は来年度に豊橋市で開く。浅井由崇豊橋市長は「コロナ禍とリニア、三遠南信道によって生じる人とモノの流れの変化を生かし切るまちづくりが必要だとあらためて実感した。次回のサミットでは意欲的な取り組みについての具体的な議論ができることに期待したい」と開催地を代表してあいさつした。

 サミットに合わせ、SENAを構成する行政・経済95団体代表者のビデオメッセージ、三遠南信の住民団体による「住民セッション」もネット上で一般公開した。住民セッションは年度末まで、ビデオメッセージは期限を設けず公開を続ける。

◎写真説明:飯田、浜松、豊橋を結んで開いた

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

【飯田市】市消防団が防災功労者内閣総理大臣表彰「昨年7月豪雨で人命の安全確保と被害軽減に尽力」

9月21日火曜日15:36

【飯田市】「SDGs身近に」田畑茶舗が期限切れのお茶をほうじ茶にする「息吹茶サービス」を開始

9月21日火曜日15:38

【長野5区】衆院任期満了まで1カ月、日程不透明も与野党の動き活発

9月20日月曜日13:58

【飯田市】和田諏訪神社で御柱祭に向けて用材伐採「斧入れ式」

9月20日月曜日13:33

【飯田市】飯田商工会議所が飲食店応援プロジェクト「いいだHappy Eats」始動

9月18日土曜日13:37

【飯田市】飯田署が動物園に委嘱状を交付

9月18日土曜日13:40

【阿南町】阿南高校生が「鈴ケ沢なす」や「鈴ケ沢南蛮」など伝統野菜見学

9月17日金曜日15:28

【飯田市】美術博物館が菱田春草子ども向け鑑賞ガイド作成

9月17日金曜日15:24

【飯田市】保護猫ふれあいハウスかぎしっぽが閉店へ

9月16日木曜日16:28

【飯田下伊那】からあげグランプリ決勝大会開催へ

9月16日木曜日16:52

【飯田市】風越高生徒有志らが駅前プラザ活用プロジェクト

9月15日水曜日15:50

【大鹿村】観光協会が電動自転車試乗会開く

9月15日水曜日15:12

【飯田市】コロナ感染症対策第10弾を発表

9月14日火曜日15:08

【阿智村】村長らが高齢者の祝賀訪問

9月14日火曜日15:32

【売木村】飯伊に「スポーツの秋」

9月11日土曜日13:45








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞