親子200人が水しぶき「アッパレ!戦国水合戦」

地域の話題

[ 2021年 7月 24日 土曜日 13時38分 ]

 飯田市丸山町のかざこし子どもの森公園で23日、野外イベント「アッパレ!戦国水合戦」があった。親子200人が赤組と青組に分かれ、水鉄砲合戦を繰り広げた。

 広い芝生広場の両端に陣取った両軍は、じわじわと距離を縮めると、相手の額に付いた「ポイ」(金魚すくいの枠)目掛けて水鉄砲を噴射し合った。

 例年は両軍合わせて400人で対戦しているが、昨年と今年は新型コロナウイルスの影響を踏まえ、参加者を半分に絞った。

 それでも、戦う光景は天下分け目の合戦さながら。全身水浸しになった親子は「味方に撃たれちゃった」と苦笑しながら、びっしょり濡れた顔をタオルで拭いていた。

 イベントは24日も開いた。

◎写真説明:合戦気分を満喫する子どもら

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     







記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞