阿南町和合で「鈴ケ沢なす」の定植

地域の話題

[ 2019年 6月 22日 土曜日 14時24分 ]

 伝統野菜の継承と障害者の就労機会拡大を図る「農福連携」を阿南町就労支援センターと取り組む、同町の和合元気なむらづくり協議会は21日、和合心川地区のほ場で伝統野菜「鈴ケ沢なす」の定植作業を行った。この日は、和合小学校の児童9人を招いて実施。児童らは畝づくりから挑戦し、8月初旬の収穫に思いをはせながら、丁寧に苗を植えていった。

 鈴ケ沢なすは、2008(平成20)年に信州の伝統野菜に認定された。来歴は不明だが、昭和30年代には阿南町と平谷村との境にある和合鈴ケ沢集落で栽培されていたという。果長20~25センチ、果重350~450グラムの大型ナスで、あくが少なく、強い甘みともちもちした食感が特徴。

 地区内の生産者が減少する中、「伝統の野菜を100年先まで残せる仕組みをつくろう」と5年前、生産者ら住民有志などでつくる同協議会が遊休農地を活用し、ほ場を整備。生産者指導の下、就労支援センターの利用者らが定植から収穫までの作業を手掛ける「農福連携」をスタートさせた。

 同じく信州伝統野菜の「鈴ケ沢うり」「鈴ケ沢南蛮」の栽培にも取り組む。

 今年は先月26日からナスの定植作業を開始し、約350株の苗を植えた。6月末までに、10アールのほ場に約1100株を植える計画。

 この日、伝統野菜の継承に一役買った和合小6年生の有冨燦さん(11)は、「鈴ケ沢なすはとてもおいしい。ことしも大きく育ったなすを食べるのが楽しみ」と話した。

 農業支援を行う、同協議会内に設けた「南信州おひとよし倶楽部」の市瀬光義さん(74)は、「標高の高い地域でつくられるナスは実がしまっていておいしい。おいしいからこそ栽培が引き継がれてきた。買う人がいるからこそつくる人がいる」と強調。「作業をした体験とおいしさが子供たちの印象に残り、将来地域の外に出た時にも、また食べたいと思ってもらえたら」と期待を寄せた。

◎写真説明:苗を植える和合小の児童

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

Sponsored Link

     

最近の記事

【飯田市・下伊那】浜松市蜆塚中学校の2年生が体験学習で南信州地域へ

10月6日木曜日15:47

【山梨県】山梨県都留市のリニア実験センターで報道関係者向け試乗会 改良型車両に本紙記者が乗車

10月6日木曜日15:55

【飯田市】ドローン先進地区目指す座光寺自治会、会員が講習受け申請へ 近く2期生も開始

10月5日水曜日16:19

【飯田市】遠山郷のシカ肉で「登山メシ」 来春からの販売に向けプロジェクト進行中

10月5日水曜日15:59

【飯田市】グルメとサブカルチャーの祭典「飯田丘のまちフェスティバル」飯田市の中心市街地で3年ぶりに通常開催へ

10月4日火曜日15:41

【飯田市】追手町小学校創立150周年記念事業で校舎を昼夜開放へ 人形劇やナイトツアーなど多彩な企画も

10月4日火曜日15:37

【大鹿村】大鹿中学校の全校生徒による歌舞伎公演 豊かな表現で観客引き込む

10月3日月曜日15:52

【浜松市】阿南町の和合の念仏踊り保存会が「三遠南信念仏踊り・遠州大念仏競演(仮)」の収録に参加 浜松市の舞台で「庭入り」披露

10月3日月曜日15:53

【飯田市・下伊那】三遠南信道飯喬道路3工区で初のトンネル完成式 早期開通へ思い新たに

10月1日土曜日14:11

【飯田市・下伊那】「身近な相談先知って」オレンジリボンが児童虐待防止啓発でティッシュ配布

10月1日土曜日14:56

【飯田市】公共施設のネット予約システム10月3日から稼働 PC、スマホに対応

9月30日金曜日16:42

【東京都】ニッチローさん監修の焼き肉店が下北沢にオープン

9月30日金曜日16:45

【飯田市】大規模断水の静岡市清水区へ職員と給水車を派遣 副市長と職員が拍手で送り出す

9月29日木曜日15:06

【阿智村】「豊かな自然生かしたい」浪合に移住した母親たちが子育て広場を始める

9月29日木曜日15:48

【リニア中央新幹線】JR東海が「対策土」活用に向け試験施工の方針示す 大鹿村の仮置場で年末にも

9月28日水曜日15:17




南信州新聞の購読はこちら

記事の検索はこちらから




印刷について

出版物について

工場見学について

公式Twitter

公式フェイスブック

RSS




南信州飯田観光ガイド2022秋冬

三遠南信biz

南信州企業ナビ

グリムスパンキーニュース

南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞