阿智村・富士見台高原の紅葉見ごろ

地域の話題

[ 2013年 10月 30日 水曜日 9時22分 ]

 阿智村の富士見台高原で紅葉が見ごろを迎え、県内外から訪れた行楽客がロープウエーを利用して「三段紅葉」を楽しんでいる。11月2日からは早朝に紅葉と雲海を鑑賞する新企画ツアーもスタートする。

 周辺の紅葉は先週末から急に色付き、ヘブンスそのはらロープウエー山麓駅(標高800メートル)~山頂駅(1400メートル)、展望台周辺(1600メートル)、富士見台・神坂峠(1739メートル)の3段とも見ごろとなっている。

 ヘブンスによると今秋は赤の発色が良く、訪れた人からも「赤が印象的」という感想が多く聞かれるという。青空が広がった27日は5000人弱、28日は月曜ながら午後1時までに1500人ほどがロープウエーを利用した。

 新たに始める早朝雲海ツアーは、午前5時半から6時15分までの間に上りのロープウエーで山頂に向かうというもの。24日まで特別運行する。

 昨年の調査では期間中の雲海発生率は5割以上で、晴天率も8割を予想。晴れていれば紅葉と雲海に加え、ご来光も見られるという。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     







記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞