「平和のための信州・戦争展」開幕

地域の話題

[ 2015年 8月 17日 月曜日 11時25分 ]

 70回目の終戦記念日となった15日、戦争を振り返りながら平和と未来を考える「第27回平和のための信州・戦争展」が飯田市鼎中平の市鼎文化センターで開幕した。初日は平和の願いを歌うピースライブと記念講演があり、幅広い年代が来場した。

 大ホールで開いたピースライブにはコーラスやバンド、タップダンスなどの10組が出演。全員で戦争犠牲者と被爆者に黙とうを捧げてから、不戦や平和への願いが込められた歌を2曲ずつ発表した。

 このうち16歳の男女3人でつくるバンド「THE PEACE」は、この日のためにつくったオリジナル曲「平和な世界」を演奏。いつになったら世界を包む雲が晴れ、世界中が手をつなげるのか。みんなで幸せに暮らせたら―という思いをアップテンポなメロディーに乗せ、堂々と歌った。

 多くの拍手と声援を受けた演奏後「僕たち3人がつながっているように、戦争をしている国も含めて世界中の人が何らかの形でつながっている。敵も味方もなく、もっと平和でつながれたら」と話した。

 午後からは立命館大学名誉教授の安斎育郎さんによる記念講演「戦後70年、日本の未来へのメッセージ」もあった。

 最終日まで開く戦争遺品展には、市教育委員会や個人所蔵の写真、軍隊の装備品、召集令状、死亡告知書、米国から贈られた「青い目の人形」などを展示。細菌兵器の開発や人体実験を行ったとされる731部隊の手術道具なども実物を公開。

 唐澤実行委員長は「実際に戦争を体験した高齢者が少なくなる中、展示や遺品を見たり、証言を聞く中で戦争体験を継承し、平和な未来をつくれたら。特に若い人に来場してほしい」と話している。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

グリムスパンキーニュース 2021.09.19.

9月23日木曜日16:42

【リニア中央新幹線】長野県内初、伊那山地トンネル青木川工区の本線用トンネル掘削を開始

9月22日水曜日16:15

【飯田市・喬木村】4社がフィットネス市場に向け半生菓子を発売「トレーニングに最適」

9月22日水曜日15:36

【飯田市】市消防団が防災功労者内閣総理大臣表彰「昨年7月豪雨で人命の安全確保と被害軽減に尽力」

9月21日火曜日15:36

【飯田市】「SDGs身近に」田畑茶舗が期限切れのお茶をほうじ茶にする「息吹茶サービス」を開始

9月21日火曜日15:38

【長野5区】衆院任期満了まで1カ月、日程不透明も与野党の動き活発

9月20日月曜日13:58

【飯田市】和田諏訪神社で御柱祭に向けて用材伐採「斧入れ式」

9月20日月曜日13:33

【飯田市】飯田商工会議所が飲食店応援プロジェクト「いいだHappy Eats」始動

9月18日土曜日13:37

【飯田市】飯田署が動物園に委嘱状を交付

9月18日土曜日13:40

【阿南町】阿南高校生が「鈴ケ沢なす」や「鈴ケ沢南蛮」など伝統野菜見学

9月17日金曜日15:28

【飯田市】美術博物館が菱田春草子ども向け鑑賞ガイド作成

9月17日金曜日15:24

【飯田市】保護猫ふれあいハウスかぎしっぽが閉店へ

9月16日木曜日16:28

【飯田下伊那】からあげグランプリ決勝大会開催へ

9月16日木曜日16:52

【飯田市】風越高生徒有志らが駅前プラザ活用プロジェクト

9月15日水曜日15:50

【大鹿村】観光協会が電動自転車試乗会開く

9月15日水曜日15:12








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞