雲越しに変化見守り 市美術博物館で皆既月食の観察会

地域の話題

[ 2018年 2月 1日 木曜日 15時39分 ]

月食を観察する参加者(美博で)

 飯田市美術博物館は1月31日夜、皆既月食の観察会を追手町の同館で開いた。家族連れや天体フアンなど約20人が参加。雲越しに、赤銅色に変化していく月の様子を観察した。

 皆既月食が起こるのは約3年ぶり。この日は雲が多く開催が危ぶまれたが、観察会が始まる頃には月が雲間から姿を現した。

 はじめに、職員が月食やこの時期に見える星座について館内の休憩室で説明した後、全員で前庭に移動。飯田御月見天文同好会が設置した望遠鏡と双眼鏡を使って観察した。

 午後9時ごろには左下のあたりから欠け始め、肉眼でも見えるほどに。参加者は「クレーターがきれい」「(月の模様の)ウサギの体が欠けてきてるね」などと語り合い、月が完全に地球の影に隠れる皆既食が始まる10時ごろまで、様子を見守った。

 皆既食では、地球の大気で屈折して影に入り込んだ太陽光に照らされることで、月が赤銅色に。途中、雲に隠れて見えにくくなることもあったが、赤くなった月の姿を確認することができた。

 同好会の奥村茂実さんは「地球の空気が汚れていると色が濃くなるが、きれいだと澄んで見える」と説明。寒さの中、参加者は月の様子をじっと眺めたり、会員らに熱心に質問しながら観察を楽しんでいた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

【リニア中央新幹線】長野県内初、伊那山地トンネル青木川工区の本線用トンネル掘削を開始

9月22日水曜日16:15

【飯田市・喬木村】4社がフィットネス市場に向け半生菓子を発売「トレーニングに最適」

9月22日水曜日15:36

【飯田市】市消防団が防災功労者内閣総理大臣表彰「昨年7月豪雨で人命の安全確保と被害軽減に尽力」

9月21日火曜日15:36

【飯田市】「SDGs身近に」田畑茶舗が期限切れのお茶をほうじ茶にする「息吹茶サービス」を開始

9月21日火曜日15:38

【長野5区】衆院任期満了まで1カ月、日程不透明も与野党の動き活発

9月20日月曜日13:58

【飯田市】和田諏訪神社で御柱祭に向けて用材伐採「斧入れ式」

9月20日月曜日13:33

【飯田市】飯田商工会議所が飲食店応援プロジェクト「いいだHappy Eats」始動

9月18日土曜日13:37

【飯田市】飯田署が動物園に委嘱状を交付

9月18日土曜日13:40

【阿南町】阿南高校生が「鈴ケ沢なす」や「鈴ケ沢南蛮」など伝統野菜見学

9月17日金曜日15:28

【飯田市】美術博物館が菱田春草子ども向け鑑賞ガイド作成

9月17日金曜日15:24

【飯田市】保護猫ふれあいハウスかぎしっぽが閉店へ

9月16日木曜日16:28

【飯田下伊那】からあげグランプリ決勝大会開催へ

9月16日木曜日16:52

【飯田市】風越高生徒有志らが駅前プラザ活用プロジェクト

9月15日水曜日15:50

【大鹿村】観光協会が電動自転車試乗会開く

9月15日水曜日15:12

【飯田市】コロナ感染症対策第10弾を発表

9月14日火曜日15:08








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞