飯田市立動物園の60周年記念式典盛大に

地域の話題

[ 2013年 5月 8日 水曜日 15時53分 ]

 飯田市扇町の飯田市立動物園(長良健次園長)の開園60周年記念式およびシカ・カモシカ舎のリニューアルオープン祝賀会が5日、同園内イベント広場であった。関係者をはじめ、多くの親子連れらが見守る中、テープカットやくす玉割りなどのセレモニーに加え、仏教保育園の園児による合唱やリジョイスクワイアーによるゴスペルなどのアトラクションが行われ、節目の年を盛大に祝った。

 1947年の飯田大火後の都市計画事業により扇町公園が整備され、園内にサルや小鳥などを飼育したのが動物園の前身となり、53年に市営動物園として開園。初期には市内や鼎方面が一望できる人気の遊具「飛行塔」(54年8月―82年)が大人気。また、84年までライオン2頭、ヒグマ1頭、ヒマラヤグマ2頭、ニホングマ1頭の猛獣も飼育していたが、81年から大規模な改修工事に取り掛かり、87年に小動物中心の動物園としてリニューアルした。

 2011年12月からは中心市街地活性化基本計画に基づく事業の一環として、再び大規模な改修工事がスタート。野生動物が暮らす生息環境を再現することで動物本来の行動を発揮させようという「生息環境展示」が、動物園デザイナーで大阪芸術大学教授の設計立案により取り入れられ、フンボルトペンギン、アンデスコンドル、シカ・カモシカ獣舎がことし5月までに装いを新たにした。

 改修効果は来園者数に表れており、12年度の来園者数は10万2941人で、11年度の1・5倍に。また、1989年度以来24年ぶりに10万人を超えた。

 式の冒頭あいさつに立った牧野光朗市長は、60年にわたり運営に携わってきた関係者や、支えてきた地域住民らに感謝するとともに、「動物園は多くの人が集まるまちの核となる施設。これからも多くの人に愛される施設であり続けたい。また、特長を持った動物園として、全国や世界に発信していければ」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

グリムスパンキーニュース 2021.09.19.

9月23日木曜日16:42

【リニア中央新幹線】長野県内初、伊那山地トンネル青木川工区の本線用トンネル掘削を開始

9月22日水曜日16:15

【飯田市・喬木村】4社がフィットネス市場に向け半生菓子を発売「トレーニングに最適」

9月22日水曜日15:36

【飯田市】市消防団が防災功労者内閣総理大臣表彰「昨年7月豪雨で人命の安全確保と被害軽減に尽力」

9月21日火曜日15:36

【飯田市】「SDGs身近に」田畑茶舗が期限切れのお茶をほうじ茶にする「息吹茶サービス」を開始

9月21日火曜日15:38

【長野5区】衆院任期満了まで1カ月、日程不透明も与野党の動き活発

9月20日月曜日13:58

【飯田市】和田諏訪神社で御柱祭に向けて用材伐採「斧入れ式」

9月20日月曜日13:33

【飯田市】飯田商工会議所が飲食店応援プロジェクト「いいだHappy Eats」始動

9月18日土曜日13:37

【飯田市】飯田署が動物園に委嘱状を交付

9月18日土曜日13:40

【阿南町】阿南高校生が「鈴ケ沢なす」や「鈴ケ沢南蛮」など伝統野菜見学

9月17日金曜日15:28

【飯田市】美術博物館が菱田春草子ども向け鑑賞ガイド作成

9月17日金曜日15:24

【飯田市】保護猫ふれあいハウスかぎしっぽが閉店へ

9月16日木曜日16:28

【飯田下伊那】からあげグランプリ決勝大会開催へ

9月16日木曜日16:52

【飯田市】風越高生徒有志らが駅前プラザ活用プロジェクト

9月15日水曜日15:50

【大鹿村】観光協会が電動自転車試乗会開く

9月15日水曜日15:12








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞