【阿南町】障害者支援施設・阿南学園の移転新築竣工式開く「障害者福祉サービスの拠点に」

子育て・医療・福祉

[ 2021年 12月 14日 火曜日 15時45分 ]

 阿南町北條川田の障害者支援施設「阿南学園」の移転新築竣工式が11日、開かれた。建設から43年が経過する施設の老朽化に伴い、同地区内で移転して新施設を建設。完全個室ユニットを整備して利用者のプライバシーを尊重するとともに、町内産ヒノキの羽目板を使用するなど、家庭的な雰囲気の施設となった。開所日は17日。

 阿南学園は、障害者福祉の拠点施設として1958(昭和33)年、飯田下伊那全町村により、同町北條中谷地区に建設された。78年に現地へ移転。移転から40年余りが経過し、2016年には施設の老朽化と消防法に基く消火設備の改善指導を受けるなどしたため改築に向けた検討を始めた。川田地区内で現地から約500メートル北東の民有地に移転することを決めた。

 旧施設の設置者は南信州広域連合で、指定管理者の社会福祉法人「ひだまりの郷あなん」が運営。新施設建設の財源を検討する中、町が事業主体となり過疎対策事業債などを充てることが最も負担が少なく済むとの結論に至り、広域連合が積み立てた整備基金1億9000万円を町に移管した。新施設は町が設置し、同法人を指定管理者に指定する。

 昨年8月から建設工事に着手し、先月末に完成。総事業費は約9億6000万円。鉄骨造平屋建てで延床面積2543平方メートル、駐車場を含む敷地面積は7408平方メートル。

 式典で勝野一成町長は「施設の利用者の皆さんが、2022年の新年を新たな施設で安全、安心に迎えることを目標としてきた。達成することができほっとしている。南信州地域における障害者福祉サービスの拠点として、愛される施設になることを願う」と話した。

 旧施設は22年1月1日から「サポートセンターひだまり」に名称を変更。食事や入浴などの介護や日常生活の支援が必要な人たちに生活介護の場を提供する他、日常生活全般における相談や日中活動の場を提供する生活介護事業所「なないろ」を同法人が運営する。

◎写真説明:竣工式であいさつに立つ勝野町長

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

【喬木村】喬木村議再選挙18日告示 新人の松村光洋氏が初当選

1月19日水曜日15:43

【喬木村】任期満了に伴う喬木村長選が18日告示 市瀬直史氏が無投票3選決める

1月19日水曜日15:35

【大鹿村】リニア中央新幹線・南アルプストンネル長野工区先進坑 残土や資機材を運搬する工事用車両の通行始まる

1月18日火曜日15:01

【喬木村】任期満了に伴う喬木村長選が18日告示 市瀬直史氏が届け出と出陣式

1月18日火曜日15:47

【飯田市】市街地飲食店の新型コロナウイルスによる影響「今が一番苦しい」

1月17日月曜日15:30

【高森町】町発祥の市田柿を学校給食に提供「おいしく食べて、親しんで」

1月17日月曜日15:13

【飯田市】お練りまつり出演団体打ち合わせ会開く「感染警戒レベル4以下なら実施」

1月15日土曜日14:57

【喬木村】村長選が18日に告示へ 無投票の公算が高まる

1月15日土曜日14:47

【飯田市・下伊那】飯田高校で「大学入学共通テスト」始まる 飯田会場は535人が志願

1月15日土曜日14:51

【豊丘村・リニア中央新幹線】JR東海が坂島工区崩落事故の中間報告を公表

1月14日金曜日16:43

【飯田市・下伊那】各地で積雪、飯田市で3センチ 中央道は一時通行止めに

1月14日金曜日16:58

【飯田市・新型コロナウイルス】市内の小中学校8校が新たに臨時休校「オミクロン株」へ対策

1月13日木曜日15:31

【リニア中央新幹線】JRが喬木村で住民懇談会 天竜川工区の方針示す

1月13日木曜日15:55

【飯田市・下伊那】新型コロナウイルス、下伊那4町村も感染警戒レベル5に

1月12日水曜日15:00

【高森町】町長選で現職・壬生氏が無投票再選「町民主導のまちづくりを」

1月12日水曜日15:59




南信州新聞の購読はこちら

記事の検索はこちらから




印刷について

出版物について

工場見学について

公式Twitter

公式フェイスブック

RSS




三遠南信biz

南信州企業ナビ

南信州飯田観光ガイド2021

グリムスパンキーニュース

南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞