デルタ株に危機感強め

子育て・医療・福祉

[ 2021年 8月 18日 水曜日 15時47分 ]

 新型コロナウイルス感染症で、17日までの1週間に飯田保健所管内で陽性者が34人確認されたのを受け、飯田市の佐藤健市長は「これまでとは違うレベルの感染対策を行う必要がある」と危機感を強めている。

 34人の内訳をみると、県外との往来者と県外在住者がそれぞれ5人、陽性者との接触者が18人で、調査中が6人。佐藤市長は「圏域外との往来や県外からの来訪者が起点となって感染が広がっている」と推測した。

 年代別だと、10歳未満が4人、10代が6人、20代が5人で、若年層での感染が拡大している。また60歳以上の感染例の中にはワクチン接種済みの人も複数含まれ、佐藤市長は「この事実も深刻に受け止めなければならない」とした。

 PCR検査を行っている市立病院によると、陽性者の4分の3で非常に高いウイルス量が測定される傾向にあり、佐藤市長は南信州圏域での急激な感染拡大もデルタ株によるものとみた。

 現状を踏まえ、佐藤市長は17日に市長メッセージを動画配信。帰省や県外への訪問を控え、人とできるだけ会わないようにすることなどが必要とした上で「命と暮らしを守るにはデルタ株の拡大を今食い止めなければならない。感染しない、感染させないという強い思いを共有して」と呼び掛けている。

 感染警戒レベル引き上げに伴い、市は本庁舎のA棟とC棟の正面玄関に、数秒で体温が分かる「非接触型検温器」を計3台設置している。

 また市役所BCP(業務継続計画)の一部を発動し、職場の分散、在宅勤務、勤務時間の変更、週休日勤務の活用、年次休暇の活用の5つを組み合わせて対応。職員同士が極力接触しないようにと「通常時の5割減」を目標に掲げる。

 庁舎内の職員約600人の職場の分散化では、本庁舎の議場や会議室、りんご庁舎などを確保した。

 勤務時間の変更は午前7時から午後7時15分の間で実施し、早出(午前7時~午後3時45分)、通常(午前8時半~午後5時15分)、遅出(午前10時半~午後7時15分)の3つに分けている。

 

 

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

Sponsored Link

     

最近の記事

【天龍村】天龍小学校で児童が茶摘みと手もみ体験 上手に摘めたと笑顔の場面も

5月16日月曜日15:57

【浜松市】三遠南信道・水窪佐久間道路の中心くい打ち式 最後の未着工区間で事業本格化

5月16日月曜日15:34

【高森町】ウクライナ避難民9人が町営住宅に「引っ越し」 新しい生活の第一歩踏み出す

5月14日土曜日13:17

【飯田市】飯田マツブツがエス・バードにレンタルキッチンスタジオをオープン

5月14日土曜日13:59

【飯田市】下伊那農業高校でVR体験 仮想現実で農業機械の安全利用について学ぶ

5月13日金曜日16:00

【飯田市・下伊那】南信州広域連合が飯田下伊那地域への信州大学新学部設置のメリットについて提案

5月13日金曜日16:03

【売木村】阿南病院が医師不在の診療所を支援 オンライン診療導入へ

5月12日木曜日15:54

【天龍村】天龍中生徒が「商品」意識した梅の収穫作業 梅花駅伝での販売を目指す

5月12日木曜日15:25

【阿南町】阿南町長選で3選を果たした勝野一成町長が初登庁「1次産業の活性化や医療福祉の充実を中心に考える」

5月11日水曜日15:39

【喬木村】リニア高架橋工事で移転する伊藤製菓本社工場新築工事の地鎮祭

5月11日水曜日15:03

【高森町】和食や空手で交流深める 高森町内飲食店でウクライナ避難民の歓迎会開く

5月10日火曜日15:20

【飯田市】本町の市場が“復活” キラヤ跡に「なみきマーケット」今月20日オープンへ

5月10日火曜日15:07

【天龍村】天龍中学校が夏に先駆け県内で最初のプール開き 水しぶきで初夏到来告げる

5月7日土曜日14:55

【飯田市・下伊那】夏の参院選まで残り2カ月 杉尾、松山氏が飯伊でも前哨戦を展開

5月7日土曜日13:22

【飯田市】オケ友企画「クリニックコンサート」開く 120人が学びの成果を披露

5月6日金曜日16:37




南信州新聞の購読はこちら

記事の検索はこちらから




印刷について

出版物について

工場見学について

公式Twitter

公式フェイスブック

RSS




南信州飯田観光ガイド2022春夏

三遠南信biz

南信州企業ナビ

グリムスパンキーニュース

南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞