社会福祉法人JAみなみ信州が合併調印

子育て・医療・福祉

[ 2015年 10月 1日 木曜日 10時29分 ]

 JAみなみ信州が出資し、2003年に設立した社会福祉法人みなみ信州(菅沼和明理事長)=飯田市鼎=と長野市に本部を置く同ジェイエー長野会(大槻憲雄理事長)は30日、合併契約調印を結んだ。医療と介護の連携による地域包括システムの実現に向け、来年4月1日付で長野会がみなみ信州を吸収合併する。

 みなみ信州は、同市鼎と山本、豊丘村、大鹿村でデイサービスやグループホームなど8つの介護サービスを運営。14年度末までの延利用者数は約2万人、事業収入は3億5400万円に上る。

 長野会は1994年に設立。高森町吉田のあさぎりの郷など県内に6つの特別養護老人ホームと3つの障害者サービスを運営している。

 国が求める地域包括ケアシステムの実現に向け、厚生連が運営する下伊那厚生病院=高森町吉田=と特養あさぎりの郷との連携強化を図り、「医療と介護事業を一体的に運営するサービス提供主体となることが必要」(菅沼理事長)と、みなみ信州側が判断。

 「高齢者が住み慣れた地域で安心して暮らせる地域福祉を実現させる」(同)ため、長野会に吸収合併を求めていた。

 調印式には、両法人の理事や職員らが出席。合併調印を結び、握手を交わした。

 菅沼理事長は「介護法の改正で専門的な資格の取得が求められるようになった他、従事者の確保が難しい状況が続いており、サービス向上のためにはより大きな事業体となる必要があった」と説明。「長野会と合併することで、利用者の皆さんにはこれまで以上のサービスを提供したい」と話していた。

 来年4月1日付で合併し、みなみ信州が運営する全ての事業と約120人の職員を長野会が引き継ぐ。

 合併後は、長野会とJAみなみ信州、下伊那厚生病院が経営協議会を立ち上げ、地域福祉のサービス向上に努める。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

【阿智村】満蒙開拓平和記念館が来館者20万人を達成 平和の尊さ未来へ伝える拠点に

11月30日火曜日15:33

【飯田市】お練りまつり奉賛会が広告塔を設置 7年に一度の祭りをアピール

11月30日火曜日15:06

【阿南町】国交省天竜川上流河川事務所が地すべり対策事業の着工式開く

11月29日月曜日15:31

【飯田市】「最も長い鉄板」のギネス世界記録挑戦イベント開催

11月29日月曜日15:56

【飯田市】商議所青年部がキッチンカーフェスティバル開催 飲食や音楽でにぎわいみせる

11月27日土曜日14:47

【阿智村】飯田国道事務所が除雪出発式を開く 安全な交通確保と作業実施への意識高める

11月27日土曜日14:46

【飯田市】ギネス世界記録に挑戦する世界一長い鉄板製作が佳境 「飯田焼肉の日」の29日に

11月26日金曜日16:45

【飯田市】サッカークラブ「アザリー飯田フットボールクラブ」が今シーズンの全日程終了

11月26日金曜日15:31

【松川町】リニア建設工事の残土運搬車両 来年1月からモニタリング調査実施へ

11月25日木曜日16:05

【豊丘村】JR東海と建設会社などが中央新幹線安全推進協議会を設立 リニアトンネル工事の崩落事故を受け豊丘村で初会合

11月25日木曜日16:13

【飯田市】佐藤健市長 市議会定例会あいさつで2022年度予算編成基本方針に触れる 「コロナ禍を乗り越え、日常を取り戻す年」

11月24日水曜日16:45

【飯田市・下伊那】JAみなみ信州が飯田下伊那地域特産の干し柿「市田柿」の出荷始める 「甘さしっかりで、もっちり」

11月24日水曜日16:32

コラボ案件続々! バーチャルシンガー花譜へ 楽曲提供&クラブサウンド共作も

11月22日月曜日19:31

【飯田市】大宮諏訪神社大総代が来年の式年大祭の関連神事「神輿渡御」の順路を確認

11月22日月曜日15:59

【松川町】上片桐の御射山神社御柱祭に向け、氏子らが巨木を伐採 「無事に建立できれば」

11月22日月曜日15:41








記事の検索はこちらから




三遠南信biz










南信州企業ナビ

南信州飯田観光ガイド2021

南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞