飯田病院が耳鼻咽喉科とアレルギー科開設

子育て・医療・福祉

[ 2011年 4月 16日 土曜日 9時59分 ]

 飯田市大通の飯田病院(千葉恭院長)は19日、耳鼻咽喉科とアレルギー科を開設する。医師に同市上郷別府出身で千葉大耳鼻咽喉科常勤講師、同大感覚器診療部門・手術部門でチーフを務めていた堀口茂俊さん(45)を迎え、聴能室や最先端設備を整えることで大学病院と遜色のない診断を提供する。

 同病院での耳鼻咽喉科の開設は60年ぶり。堀口さんは飯田高校卒業後、山梨大学、大学院を経て、スウェーデンストックホルムの医科大学・カロリンスカ研究所への留学経験を持つ。専門分野は鼓室形成術をはじめとする耳の手術、内視鏡を用いた鼻の手術、花粉症などのアレルギー疾患で、鼻科学会やアレルギー学会の代議員、鼻副鼻腔炎診療ガイドライン策定委員も務める。

 開設する同科は、これまで眼科のあった南棟1階部分を改修し、無音の聴能室を新たに設ける。設備面では、最新の聴力検査機器をはじめ、平衡機能、耳管機能、重心動揺などの検査機器を完備。これに加え短時間で精緻な撮影が可能な64列マルチスライスCT、脳活動部位の判定や血流異常部位の機能判定のためのファンクショナルMRIといった最新鋭機器もそろえた。

 一方、外来には患者説明用に、これら検査結果を機能的に映し出すサーバーを準備し、大型ディスプレイでマルチメディアを駆使した分かりやすい説明を行うなど「納得診療」を実践していく方針。手術用の顕微鏡などを除き、外来系の設備投資は約3000万円。夏までには手術設備が整う予定だ。

 「いつかは帰郷して、地域貢献を」と考えていた堀口さん。同病院からのオファーを快く引き受けた。「耳鼻咽喉科は感覚器科として、生活の質の向上を主たる目的とする新しい医療パラダイムとして再発見された診療科。その分野での研鑚を積んできた」と話し、「科学的な根拠に基づいた治療をベースに、不快な症状を治し、癒していく治療を提供していきたい」と抱負を語った。

 一般外来は毎週月、火、木曜日。受付時間は午前8時半から同11時。詳細の問い合わせは同病院(電話0265・22・5150)へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

【飯田市】3店が共同開発した冷凍折り詰めの全国販売開始「伊那谷の良さを伝えられたら」

10月23日土曜日13:13

【喬木村】曙月庵で阿島傘の展示始まる 茶室を彩る和傘ずらり ライトアップも

10月23日土曜日13:40

【飯田市・下伊那】三遠南信自動車道「飯喬道路第3工区」で初のトンネル掘削工事開始

10月22日金曜日16:20

【飯田市】松尾小4年2組がシトラスリボン作成「コロナ差別をなくそう」

10月22日金曜日15:11

【リニア中央新幹線】JR東海が安全対策をリニア対策委員会で報告 月内は試験走行期間

10月21日木曜日15:53

【飯田市】橋北まちづくり委が春草通りに案内図設置 菱田春草生誕地ほか歴史的建造物の位置を明示

10月21日木曜日15:22

【北部3町村】竜神大橋の建設期成同盟会が総会開く 早期完成を強く要望

10月20日水曜日16:43

【リニア中央新幹線】飯田市が座光寺の共和地区を巡り工事説明会 代替地は来月着工

10月20日水曜日15:51

【飯田市・下伊那】衆院選が公示、5区は与野党一騎打ち 12日間の短期決戦スタート

10月19日火曜日15:51

【飯田市】長編映画撮影の無償ボランティア募集

10月19日火曜日15:12

【大鹿村】大鹿歌舞伎秋季公演をライブ配信 静かな会場でこん身の演技

10月18日月曜日15:19

【飯田市・下伊那】南信州獅子舞フェスティバルが2年ぶり開催 14団体が勇壮に伝統舞

10月18日月曜日15:41

【飯田市】飯田風越高校で創立120周年記念式典開く

10月16日土曜日14:05

【高森町】高森中3年生が園児に自作の紙芝居を読み聞かせ「すごく喜んでくれた」

10月16日土曜日14:24

【天龍村】国道418号神原トンネル現場見学会に児童らが参加「勉強になった」

10月15日金曜日16:27








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞