伊賀良で「チャレンジ防災48」活用し消防団向け講座

その他

[ 2013年 2月 26日 火曜日 15時00分 ]

 総務省発行の市民向け防災テキスト「チャレンジ防災48」を活用した消防団向けの防災講座が24日、伊賀良消防署で開かれた。消防署員を講師に、飯田市消防団第10分団(伊賀良)の幹部ら21人が、救急や救助、地震体験、耐震などの実技などを学んだ。

 大規模災害では、行政による「公助」だけでなく、市民による「自助」や「共助」が重要になる。伊賀良消防署では地域の防災力向上へ、まずは消防団に「チャレンジ防災48」を活用した講座を呼び掛け。昨年は同消防署管内の第10分団、第15分団(鼎)、第7分団(竜丘)の3つの分団でそれぞれ消防団の要望に応じた講座を行った。いずれは地域の一般住民へも広げていく構えだ。

 この日の講座では、県の地震体験車両を使い、2004年のスマトラ沖地震の揺れを体験。その後▽救急▽救助▽ディグ(図上訓練)―の3つの講座を行った。救急では、応急手当てなどで基本になる三角巾を使った止血法やねんざの固定方法、毛布や服を使っての応急たんかの作り方などを確認。ディグでは、参加した団員の各自宅の間取り図や家具配置を書き出し、地震の時に危険となる場所を確認。寝る場所や家具配置の工夫、耐震グッズの活用などの必要性をあらためて感じた。

 救助では、3―4人が一組となり、倒壊家屋の下敷きになった人を助ける訓練を実施。リーダー役が状況を把握しながら指示を出し、角材やバール、ジャッキなどを使って、下敷きになった人を救出した。

 講評で杉本宗生署長補佐は「自助、共助、公助があるが、大災害では公助の救助、救急の手が届くまで時間かかる。自分の身を守り、地域で助け合うことをお願いしたい」と呼びかけた。第10分団の矢澤智彦分団長は「消防団員がしっかりと技術と知識を身につけ、いずれは地域の住民に広めていきたい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

Sponsored Link

     

最近の記事

【飯田市】佐藤市長が信大新学部誘致に言及 リニア中央新幹線開業や三遠南信道絡め利点強調「ふさわしい地」

5月24日火曜日15:26

【飯田市】ムトスぷらざで情報共有や施設利用についての意見交換「ふらっと会議」開く

5月24日火曜日15:18

【飯田市】飯伊小中学生陸上競技大会開く 独自種目「60メートル走」は過去最多に

5月23日月曜日16:15

【飯田市・下伊那】飯田市川路などで天竜川上流総合水防演習 流域全体の水防体制の強化図る

5月23日月曜日16:00

グリムスパンキー ニュース 2022.05.15.

5月21日土曜日17:13

【リニア中央新幹線】JR東海が阿智村清内路公民館で住民説明会開く 危険地区周知せず住民に謝罪

5月21日土曜日14:23

【飯田市】遠山郷の小中学校3校が本年度初の交流会 SDGsを踏まえた地域の未来を考える

5月21日土曜日14:39

【豊丘村】飯伊地域特産品の「竜峡小梅」の出荷始まる 天候に恵まれ良好な出来

5月20日金曜日15:29

【飯田市】本町のトップヒルズに「なみきマーケット」がオープン 新しい魅力加えて生まれ変わる

5月20日金曜日15:51

【飯田市】「丘の上結いスクエア」がグランドオープン 朝から多くの買い物客でにぎわう

5月19日木曜日15:23

【飯田市】ツアー・オブ・ジャパン信州飯田ステージ開く 優勝は「チーム右京」ネイサン・アール

5月19日木曜日15:21

【飯田市】「姫路お城まつり」に向け本町三丁目大名行列保存会が市長表敬

5月18日水曜日16:18

【飯田市・下伊那】南信州広域連合がご当地ナンバーの研究へ 導入に前向きな意見も

5月18日水曜日16:54

【飯田市・下伊那】南信州広域連合と県議 信大新学部誘致へ連携姿勢を強調する

5月17日火曜日15:45

【飯田市】駅前新拠点完成「丘の上結いスクエア」の竣工式開く オープンは19日

5月17日火曜日15:35




南信州新聞の購読はこちら

記事の検索はこちらから




印刷について

出版物について

工場見学について

公式Twitter

公式フェイスブック

RSS




南信州飯田観光ガイド2022春夏

三遠南信biz

南信州企業ナビ

グリムスパンキーニュース

南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞