飯伊 核兵器廃絶を願い「国民平和大行進」に延べ500人

その他

[ 2016年 7月 5日 火曜日 13時13分 ]

国民平和大行進 核兵器廃絶を願って行進する「2016原水爆禁止国民平和大行進」の飯伊地区出発集会が2日、飯田市役所で開かれた。最高気温32度を超える暑さの中、子どもと一緒に参加した人たちの姿も見られ、6月26日と合わせ延べ500人余りが参加した。

 国民平和大行進は、5月から広島・長崎に向けてことしも始まっている。長野県内は、6月26日から天龍村を起点に始まり、延べ115人が参加。この日は延べ数400人が参加し、飯田市から喬木村、高森町、豊丘村を経て松川町上片桐で上伊那へ引き継いだ。8日に群馬県へ、13日に山梨県へそれぞれ引き継ぐことになっている。

 飯田市役所で開かれた出発式で、飯伊地区原水協会長を務める多田雅幸実行委員長が、1958年に始まった国民平和大行進の歴史を振り返りながら「“核はいらない”の一点で実行委員会をつくり運動している。これからも若い人を中心に運動を継続していってもらいたい」と願った。

 構成団体を代表して新日本婦人の会、県教組下伊那支部、民主商工会などの代表が「わが子と共に平和を願う幸せを感じる」「祖父が戦争に行った。祖母も食べるものがなくて草を食べていたと聞いた。祖父母が生きていてくれたことが一番よかった。教え子を再び戦場に送らないという先人の思いを受け継いでいく」「平和は貴重で最も大切なことだが、行動しなければ実現しない」とそれぞれの思いを訴えた。

 昨年に続いて天龍村から松川町まで歩くという男性の教員(55)は「南の方から盛り上げて平和の礎を築いていきたい」と話した。

 国民平和大行進は、1958年に東京で開催された第4回原水爆禁止世界大会をめざして、広島の被爆者が歩き始めたのが共感を広げ、日増しに参加者が増え、東京に到着するときには1万人を超える大行進となった。翌年は1000万人が参加する大行進となり、その後も政治の圧力や労働戦線の中でさまざまな分裂を繰り返しながら今も続けている。

 

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

【飯田市】エス・バードで南信州環境メッセが開幕 ゼロカーボン社会実現を目指して

12月4日土曜日14:24

【阿智村】昼神温泉郷で湯屋守様を並べ湯立て神事 温泉利用者の無病息災願う

12月4日土曜日14:30

【豊丘村】自転車活用推進計画策定委が下平村長に答申

12月3日金曜日16:40

【高森町】全日本アームレスリング選手権優勝の宮嶋さんが町長を表敬訪問

12月3日金曜日16:45

【飯田市・お練りまつり】本町三丁目大名行列保存会が役者全体会議を開く

12月2日木曜日15:25

【飯田市・お練りまつり】東野大獅子保存会が獅子頭など3点をシルクホテルに展示 宿泊客に祭りをPR

12月2日木曜日15:37

【飯田市】上村小児童が湯立神楽「霜月祭り」に向け横笛を練習「一生懸命吹いて、練習の成果を出したい」

12月1日水曜日15:13

【飯田市】喜久水酒造が国際シードル品評会で県内で唯一の最高賞を受賞

12月1日水曜日15:57

【阿智村】満蒙開拓平和記念館が来館者20万人を達成 平和の尊さ未来へ伝える拠点に

11月30日火曜日15:33

【飯田市】お練りまつり奉賛会が広告塔を設置 7年に一度の祭りをアピール

11月30日火曜日15:06

【阿南町】国交省天竜川上流河川事務所が地すべり対策事業の着工式開く

11月29日月曜日15:31

【飯田市】飯田焼肉の日に「最も長い鉄板」(焼き肉用)のギネス世界記録挑戦イベント開催【世界一】

11月29日月曜日15:56

【飯田市】商議所青年部がキッチンカーフェスティバル開催 飲食や音楽でにぎわいみせる

11月27日土曜日14:47

【阿智村】飯田国道事務所が除雪出発式を開く 安全な交通確保と作業実施への意識高める

11月27日土曜日14:46

【飯田市】ギネス世界記録に挑戦する世界一長い鉄板製作が佳境 「飯田焼肉の日」の29日に

11月26日金曜日16:45








記事の検索はこちらから




三遠南信biz










南信州企業ナビ

南信州飯田観光ガイド2021

南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞