【喬木村】太陽光発電規制条例案を村議会に提出

政治・行政

[ 2021年 9月 7日 火曜日 15時33分 ]

 喬木村は「太陽光発電設備の規制等に関する条例」案を、6日開会の村議会9月定例会に提出した。災害の防止と景観の保護などが狙い。事業者に対し、事業計画提出前に村との事前協議を義務化する他、設備の設置を禁止する区域などを定める。

 太陽光発電は国や県の環境政策を背景に今後も導入が進むとみられる一方、適地以外への設置による土砂流出や景観への影響、動植物の生育環境の悪化なども懸念される。

 提案説明で生活環境課は「現在村には独自の規定がなく、窓口も明確になっていない」と指摘。「住民の安全確保と生活環境の担保を目的に、設置手続きの明確化を図ることで課題を解消したい」と説明した。

 条例案によると、個人宅の屋根などに設置する太陽光発電設備を除き、300平方メートル・出力10キロワット以上の設備を設置する事業は村の許可制となる。

 事業申請前の村長との協議と、事業を周知するための地域住民向け説明会の開催を義務化。住民と協議し、丁寧に理解を得るよう求める他、発電事業終了後は設備を速やかに撤去するよう定めている。住民らは災害防止、良好な景観・生活環境の保全に関する協定の締結を事業者に求めることが出来る。

 また、砂防法に指定された区域や県が▽地滑り危険箇所▽急傾斜地崩壊危険箇所土石流危険渓流―として公表している区域については設備設置を禁止する「禁止区域」、特に配慮が必要と認められる区域は事業を行わないよう協力を求める「抑制区域」に設定する。一方で村が指定できる「促進区域」も設ける。

 市瀬直史村長は「村の美しい自然環境や安全安心を守るとともに、ゼロカーボンシティの実現へ適切に太陽光発電を推進していきたい」と話している。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

【飯田市】連合長野飯田地域協議会が佐藤市長と懇談会 「働くことの安心社会の実現」に

12月8日水曜日15:12

【天龍村】天龍小学校で地域の高齢者を講師に伝統行事学ぶ 「おやす」や「しめ縄」餅つき大会も

12月8日水曜日15:11

【リニア】大鹿村の南アルプストンネル「小渋川―釜沢非常口」間の先進坑 JR東海が貫通を発表

12月7日火曜日15:13

【平谷村】ひまわりの森イルミネーションがお目見え 8万1000個が冬の平谷彩る

12月7日火曜日15:46

【下伊那】高森町でマイナンバーカードの出張申請窓口を設置「買い物ついでに申請を」

12月6日月曜日15:07

【飯田市】遠山郷に伝わる湯立て神楽「遠山の霜月祭り」 始まる 熊野神社など8神社で15日まで

12月6日月曜日15:16

【飯田市】エス・バードで南信州環境メッセが開幕 ゼロカーボン社会実現を目指して

12月4日土曜日14:24

【阿智村】昼神温泉郷で湯屋守様を並べ湯立て神事 温泉利用者の無病息災願う

12月4日土曜日14:30

【豊丘村】自転車活用推進計画策定委が下平村長に答申

12月3日金曜日16:40

【高森町】全日本アームレスリング選手権優勝の宮嶋さんが町長を表敬訪問

12月3日金曜日16:45

【飯田市・お練りまつり】本町三丁目大名行列保存会が役者全体会議を開く

12月2日木曜日15:25

【飯田市・お練りまつり】東野大獅子保存会が獅子頭など3点をシルクホテルに展示 宿泊客に祭りをPR

12月2日木曜日15:37

【飯田市】上村小児童が湯立神楽「霜月祭り」に向け横笛を練習「一生懸命吹いて、練習の成果を出したい」

12月1日水曜日15:13

【飯田市】喜久水酒造が国際シードル品評会で県内で唯一の最高賞を受賞

12月1日水曜日15:57

【阿智村】満蒙開拓平和記念館が来館者20万人を達成 平和の尊さ未来へ伝える拠点に

11月30日火曜日15:33




新聞購読について

記事の検索はこちらから




印刷について

出版物について

工場見学について

公式Twitter

公式フェイスブック

RSS




三遠南信biz

南信州企業ナビ

南信州飯田観光ガイド2021

グリムスパンキーニュース

南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞