【飯田市】連合長野飯田地域協議会が佐藤市長と懇談会 「働くことの安心社会の実現」に

政治・行政

[ 2021年 12月 8日 水曜日 15時12分 ]

 連合長野飯田地域協議会(林豊議長)は6日、佐藤健市長との懇談会を飯田勤労者福祉センターで開いた。構成労組の代表ら約65人が出席。市長の2022年度予算編成方針を聞き、「働くことの安心社会の実現」に向けて労働者の目線から考えを伝えた。

 同地協は、毎年2月ごろに飯田市政への提言・要求をしている。懇談会は市内各地区で開かれた「市長と語るまちづくり懇談会」を踏まえ、市が目指す姿を組合員が知る機会にと計画した。

 冒頭で林議長は、市の新型コロナウイルス感染症対策や、災害に対する対応に感謝し「今後も市民に共感してもらえる市政運営に努め、住民や労働者への関心を高めるとともに、連合との関係を密にしてほしい」とあいさつ。出席者には「中身の濃い意見交換の場とするため、積極的な意見を」と呼び掛けた。

 佐藤市長は、目指す30年後の未来を描いたイラストを紹介。「目指すべきは上質なローカル。住みたい理由は人それぞれだが、多様性を大切にして飯田市をつくりあげていきたい」と語った。

 続いて、来年度の予算編成の基本方針を説明。「コロナ禍を乗り越え日常を取り戻す」「いいだ未来デザイン2028に掲げる『目指すまちの姿』にチャレンジ」などの基本的な考え方のほか、分野別の重点も示した。「方針は、現時点で何が必要かを示しているもの。どうしたらよりよい地域をつくることができるか、職員とともに考えていくが、皆さんも一緒に市のために考えてほしい」と呼び掛けた。

 質疑応答では、コロナ禍で活動が制限される子どもの学校生活や地域活性化、動物の保護に対する意見や質問が活発に飛び交った。空き屋の利活用について「地区ごとさまざまな活動が行われているものの、需要と供給があっていないのが実態」とし、多様性を大切にした行政の支援を求める声もあった。

◎写真説明:飯田地協と市長の懇談会

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

【喬木村】喬木村議再選挙18日告示 新人の松村光洋氏が初当選

1月19日水曜日15:43

【喬木村】任期満了に伴う喬木村長選が18日告示 市瀬直史氏が無投票3選決める

1月19日水曜日15:35

【大鹿村】リニア中央新幹線・南アルプストンネル長野工区先進坑 残土や資機材を運搬する工事用車両の通行始まる

1月18日火曜日15:01

【喬木村】任期満了に伴う喬木村長選が18日告示 市瀬直史氏が届け出と出陣式

1月18日火曜日15:47

【飯田市】市街地飲食店の新型コロナウイルスによる影響「今が一番苦しい」

1月17日月曜日15:30

【高森町】町発祥の市田柿を学校給食に提供「おいしく食べて、親しんで」

1月17日月曜日15:13

【飯田市】お練りまつり出演団体打ち合わせ会開く「感染警戒レベル4以下なら実施」

1月15日土曜日14:57

【喬木村】村長選が18日に告示へ 無投票の公算が高まる

1月15日土曜日14:47

【飯田市・下伊那】飯田高校で「大学入学共通テスト」始まる 飯田会場は535人が志願

1月15日土曜日14:51

【豊丘村・リニア中央新幹線】JR東海が坂島工区崩落事故の中間報告を公表

1月14日金曜日16:43

【飯田市・下伊那】各地で積雪、飯田市で3センチ 中央道は一時通行止めに

1月14日金曜日16:58

【飯田市・新型コロナウイルス】市内の小中学校8校が新たに臨時休校「オミクロン株」へ対策

1月13日木曜日15:31

【リニア中央新幹線】JRが喬木村で住民懇談会 天竜川工区の方針示す

1月13日木曜日15:55

【飯田市・下伊那】新型コロナウイルス、下伊那4町村も感染警戒レベル5に

1月12日水曜日15:00

【高森町】町長選で現職・壬生氏が無投票再選「町民主導のまちづくりを」

1月12日水曜日15:59




南信州新聞の購読はこちら

記事の検索はこちらから




印刷について

出版物について

工場見学について

公式Twitter

公式フェイスブック

RSS




三遠南信biz

南信州企業ナビ

南信州飯田観光ガイド2021

グリムスパンキーニュース

南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞