【飯田市】飯田駅前プラザの公共空間巡り市がレイアウト案示す 2階・3階に公民館や図書館、次世代学習交流支援など

政治・行政

[ 2021年 12月 11日 土曜日 13時55分 ]

 旧ピアゴ飯田駅前店(飯田市東和町)の後利用で、来年5月オープン予定の仮称飯田駅前プラザに設置する公共空間(創発エリア)を巡り、市は10日の市議会社会文教委員会にレイアウト案を示した。2階と3階を賃借し、公民館や図書館、次世代学習交流支援といった機能を集約することで「ヒト」「モノ」「コト」が集まる創発の場にする。

 駅前プラザは、吉川建設が出資する飯田駅前プラザ株式会社が管理・運営する。

 計画区域は約0・4ヘクタール。延べ床面積は約1万2900平方メートルで、1階を商業エリア、2階と3階を公共エリアに区分。4階と5階をオフィスとし、うち4階には吉川建設の本社機能と飯田支店を移す。5階はテナントオフィスを予定。地下1階は50台分の駐車場となり、高羽町テニスコートを整備して55台分を確保する計画もある。

 市は市公民館を取り壊す計画で、ホールを除く公民館機能を駅前プラザへ移転する。計画によると、2~3階の公共エリアには公民館のほか、図書館、平和学習、女性活躍応援、次世代学習交流支援、学習支援、多文化共生推進、市民のムトスまちづくり活動の交流・支援、内外の連携・交流推進―といった機能を導入する。

 うち2階は「にぎやかな空間」を想定。100人程度収容可能な多目的ホール、気軽に立ち寄ることができるフリースペース、XR室、音楽練習室、調理室、談話室を配置する。XR室はデジタル技術で年間を通じて街を丸ごと楽しめるコンテンツの拠点となり、DX化によって市民の発信拠点にもなる。

 3階は「少し落ち着いた空間」を想定してシェアスペース、図書館、学習支援室、平和祈念館、大会議室などを備える。大会議室はパーテーションで最大4区画まで作ることができる。

 建物は解体せず、外観と内装を改修する。総事業費は10億7500万円を見込む。国の社会資本総合整備計画「暮らし・にぎわい再生事業」を活用し、国と市が2億円ずつ負担する。1階の商業エリアにツルハドラッグが出店する。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

【喬木村】喬木村議再選挙18日告示 新人の松村光洋氏が初当選

1月19日水曜日15:43

【喬木村】任期満了に伴う喬木村長選が18日告示 市瀬直史氏が無投票3選決める

1月19日水曜日15:35

【大鹿村】リニア中央新幹線・南アルプストンネル長野工区先進坑 残土や資機材を運搬する工事用車両の通行始まる

1月18日火曜日15:01

【喬木村】任期満了に伴う喬木村長選が18日告示 市瀬直史氏が届け出と出陣式

1月18日火曜日15:47

【飯田市】市街地飲食店の新型コロナウイルスによる影響「今が一番苦しい」

1月17日月曜日15:30

【高森町】町発祥の市田柿を学校給食に提供「おいしく食べて、親しんで」

1月17日月曜日15:13

【飯田市】お練りまつり出演団体打ち合わせ会開く「感染警戒レベル4以下なら実施」

1月15日土曜日14:57

【喬木村】村長選が18日に告示へ 無投票の公算が高まる

1月15日土曜日14:47

【飯田市・下伊那】飯田高校で「大学入学共通テスト」始まる 飯田会場は535人が志願

1月15日土曜日14:51

【豊丘村・リニア中央新幹線】JR東海が坂島工区崩落事故の中間報告を公表

1月14日金曜日16:43

【飯田市・下伊那】各地で積雪、飯田市で3センチ 中央道は一時通行止めに

1月14日金曜日16:58

【飯田市・新型コロナウイルス】市内の小中学校8校が新たに臨時休校「オミクロン株」へ対策

1月13日木曜日15:31

【リニア中央新幹線】JRが喬木村で住民懇談会 天竜川工区の方針示す

1月13日木曜日15:55

【飯田市・下伊那】新型コロナウイルス、下伊那4町村も感染警戒レベル5に

1月12日水曜日15:00

【高森町】町長選で現職・壬生氏が無投票再選「町民主導のまちづくりを」

1月12日水曜日15:59




南信州新聞の購読はこちら

記事の検索はこちらから




印刷について

出版物について

工場見学について

公式Twitter

公式フェイスブック

RSS




三遠南信biz

南信州企業ナビ

南信州飯田観光ガイド2021

グリムスパンキーニュース

南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞