【高森町】高森町でウクライナ避難民の受け入れ準備進む 早ければ30日にも到着の見通し

政治・行政

[ 2022年 4月 26日 火曜日 16時29分 ]

 高森町は25日、ウクライナから同町への避難を希望している9人について、早ければ30日夜にも町に到着するとの見通しを示した。まずは町内の温泉宿泊施設「湯ケ洞」に滞在してもらい、コミュニケーションを確立。希望を聞き取ってその後の支援を行う。

 受け入れを予定しているのは、総合格闘技団体「空手道禅道会」(総本部・飯田市上郷黒田)のウクライナ支部で空手を学んでいる3~19歳の会員6人とその母親3人の計9人。町によると、22日にポーランドの首都ワルシャワに到着し、現在はビザを申請中という。

 日本政府が座席を確保する民間機での渡航の準備をしており、ビザが受給されれば29日に現地を出発。30日に成田国際空港に到着し、町が空港からバスで送迎する。

 町と禅道会などでつくる人道支援プロジェクトチームは、25日に県国際交流課や南信州地域振興局をオブザーバーに迎え、受け入れについて協議。終了後に壬生照玄町長と禅道会主席師範のの小沢隆さん(61)=同町山吹=が会見し、現時点での計画を説明した。

 計画では、9人には湯ケ洞に2週間程度滞在してもらい、町営住宅や民間アパートなど自立的生活が可能な住居に移る。通訳は飯田市在住のウクライナ系ロシア人会員が務める他、町が所有する携帯型の翻訳機も活用。生活費にはこれまで集めた募金の他、政府や日本財団の支援制度を活用し、避難の長期化に備えてさらなる募金や寄付も募っていく。

 会見で壬生町長は「最終的には避難された皆さんの意見を聞きながらいろんな支援の準備を進めていく」と強調。避難が長期化した場合、就労先の確保など経済的に自立できるよう支援していく考えを示した。

 小沢さんは「戦争による心の傷を癒して、日本に来て良かったと思えるサポートをしたい」と話した。

◎写真説明:町役場で開かれたプロジェクトチームの会議

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

Sponsored Link

     

最近の記事

【飯田市】松尾寺所地区壮年会らが鳩ケ嶺八幡宮に奉納するしめ縄づくり 約9メートルのしめ縄3本を1本に

12月8日木曜日16:49

【高森町】下市田保育園で消防訓練 ジングルライダーも登場し園児らに防火ソングを披露

12月8日木曜日16:32

【飯田市】りんご並木70周年記念グッズが完成 飯田東中学校の生徒がデザイン

12月7日水曜日16:10

【高森町】JR東海がリニアのガイドウェイ側壁製作保管施設についての地元住民説明会

12月7日水曜日16:15

【飯田市】JAみなみ信州と飯伊地区労農会議がアフリカ・マリへ送る支援米の合同発送式開く

12月6日火曜日16:06

【飯田市】連合長野飯田地域協議会が定期総会 代表ら約100人出席し団結誓う

12月6日火曜日16:58

【飯田市】遠山郷に伝わる湯立て神楽「遠山の霜月祭り」始まる 今年は18日まで8神社で

12月5日月曜日15:58

【飯田市】リニア長野県内駅の周辺整備事業で市が土木工事の実施設計公表 駅前広場の模型を初公開

12月5日月曜日15:32

【飯田市・下伊那】「知事との県民対話集会」飯伊地域2日間の日程終える

12月3日土曜日14:06

【阿智村】昼神温泉郷で冬の風物詩「御湯」が開幕 利用者の無病息災、地域の安寧願い込め

12月3日土曜日14:31

【飯田市・下伊那】飯伊5市町村で「知事との県民対話集会」 首長や住民らと意見を交わす

12月2日金曜日15:16

【飯田市・下伊那】郷土誌「伊那」の3代目原田主幹が退任 伊那史学会と南信州新聞社が引き継ぎ

12月2日金曜日15:31

【阿南町】和合の念仏踊りと新野の盆踊りなどの「風流踊」がユネスコ無形文化遺産登録へ

12月1日木曜日16:21

【阿南町】阿南第二中を小学校と併設型の小中一貫校に 24年4月までの設置を目指す

12月1日木曜日16:18

【喬木村】キャッチボールクラシックで全国大会出場の喬木少年野球クラブが村長を訪問

11月30日水曜日15:12




南信州新聞の購読はこちら

記事の検索はこちらから




印刷について

出版物について

工場見学について

公式Twitter

公式フェイスブック

RSS




南信州飯田観光ガイド2022秋冬

三遠南信biz

南信州企業ナビ

グリムスパンキーニュース

南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞