天龍村長選、永嶺さんが初当選 一騎打ちの接戦制す

政治・行政

[ 2016年 10月 24日 月曜日 15時40分 ]

万歳三唱で初当選の喜びをかみ締める永嶺さんと妻のほずみさん

 無所属新人同士の争いとなった天龍村長選は23日、投開票が行われ、630票を獲得した前副村長の永嶺誠一氏(54)=平岡=が前村議の熊谷美沙子氏(47)=平岡=を184票差で破り初当選した。今期限りでの引退を表明している3期目の大平巖(81)村政後のかじ取り役として、村が抱える少子高齢化問題や定住人口の増加対策などに取り組む方針だ。

 4回連続となった選挙戦は新人同士一騎打ちの構図。永嶺氏は3期目の大平村長の引退表明を受け、8月末に副村長を辞職して立候補を表明した。30年余の行政経験と実績、培った人脈を強調し「村民が主役、村民のための村政実現」など6つの決意を「必ず実行する」と約束。定住人口増加や事業継承支援などの産業振興、教育を中心とした人材づくり、防災体制の強化、近隣市町村との連携強化を訴えた。村内全域に後援会支部を設ける組織型選挙で支持固めを進め、追い上げる熊谷氏を抑えて接戦を制した。

 熊谷氏は無投票阻止を掲げ、永嶺氏よりも1カ月以上遅れた今月上旬に村議を辞職して立候補を表明。「人」や「人とのつながり」をキーワードに現場主義、人材育成、開けた役場体制作りなどを訴えた。選対は組織せず家族中心の草の根的な活動で浸透を図ったが、及ばなかった。

 投票率は84・06%で、過去最低だった2012年の前回選を7・73ポイント上回った。当日有権者数は1292人。19日からの4日間で実施した期日前投票者数は577人で、当日有権者数の44・66%を占めた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

【飯田市】東野大獅子保存会がお練りまつりに向け準備 獅子舞の屋台部分などに使う竹の加工作業

1月24日月曜日16:10

【平谷村】ほっとパークひらや郷でアイスキャンドル 親子連れらが幻想的な明かり楽しむ

1月24日月曜日16:34

グリムスパンキー ニュース 2022.01.23.

1月23日日曜日17:41

【飯田市・下伊那】各地の最低気温が今冬最低を観測 高森町牛牧の不動滝は全面結氷に

1月22日土曜日13:31

【阿智村】任期満了に伴う阿智村長選25日に告示へ 24年ぶりの選挙戦

1月22日土曜日13:41

【飯田市】新型コロナウイルスワクチンの3回目接種 65歳以上の高齢者対象に来月開始へ

1月21日金曜日15:41

【天龍村】神原地区で早咲きの梅「冬至梅」ほころぶ 気温上がらず例年より遅く

1月21日金曜日15:54

【飯田市・下伊那】冬場に多発 広域消防がヒートショックの注意呼び掛け

1月20日木曜日15:59

【飯田市】リニア中央新幹線の建設工事 下久堅で残土の盛り土造成準備工事進む

1月20日木曜日15:07

【喬木村】喬木村議再選挙18日告示 新人の松村光洋氏が初当選

1月19日水曜日15:43

【喬木村】任期満了に伴う喬木村長選が18日告示 市瀬直史氏が無投票3選決める

1月19日水曜日15:35

【大鹿村】リニア中央新幹線・南アルプストンネル長野工区先進坑 残土や資機材を運搬する工事用車両の通行始まる

1月18日火曜日15:01

【喬木村】任期満了に伴う喬木村長選が18日告示 市瀬直史氏が届け出と出陣式

1月18日火曜日15:47

【飯田市】市街地飲食店の新型コロナウイルスによる影響「今が一番苦しい」

1月17日月曜日15:30

【高森町】町発祥の市田柿を学校給食に提供「おいしく食べて、親しんで」

1月17日月曜日15:13




南信州新聞の購読はこちら

記事の検索はこちらから




印刷について

出版物について

工場見学について

公式Twitter

公式フェイスブック

RSS




三遠南信biz

南信州企業ナビ

南信州飯田観光ガイド2021

グリムスパンキーニュース

南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞