平谷村長選で小池正充氏が4選

政治・行政

[ 2017年 1月 23日 月曜日 15時05分 ]

001hiraya

 現職と新人の無所属2人が立候補した平谷村長選が22日、投開票され、現職の小池正充氏(74)=平松=が新人の小池一広氏(62)=柳平=を67票差で破り、4選を果たした。2005年以来12年ぶりの選挙戦となり、前回97・87%を下回ったものの、94・41%と高い投票率を記録した。

 人口450人(1月1日現在)と県内で最も人口が少ない村。少子高齢化、人口減少が進む中、村が将来にわたって存続していくためには交流人口の拡大や移住・定住施策の充実が課題になっている。選挙戦では両陣営とも在宅福祉の推進や子育て支援の充実、雇用の場の確保や移住者、起業者の支援などを公約に掲げた。

 同村内選挙として初めて、ポスター掲示や選挙公報の発行、個人演説会の開催などが行われた。移住して間もないIターン者が候補の顔も主張も知らないままで投票をしなければならなかった状況が今回選挙から改善された。

 小池正充氏は昨年9月に4選を目指して立候補を表明。将来にわたって人口400人を維持することを目標に策定した村の総合戦略、第5次総合計画を確実なものにすることを公約に掲げた。後援会役員が村内全域で票まとめに奔走し、3期12年の実績と村内の融和を願う温厚な人柄から支持を集めた。

 4期目では「安心と活力があふれる村」を目指す村政運営を継続し、自然環境を生かした観光資源の発掘などの観光地づくり、子育て支援・教育環境の充実、若者の就業機会の創出と企業支援、包括ケアの推進、観光施設周辺の環境整備や農業と連携した加工品の開発などに取り組んでいく。

 小池一広氏は昨年夏ごろから準備を進め、Iターンを含めた住民との対話を重ねて支持拡大を図った。行政懇談会の開催など村民との対話、村長自らが室長となる「なんでも相談室」を設置することなどを公約に掲げ、批判票を取り込むなどしたが及ばなかった。

 村選管は開票作業終了後、小池正充氏を当選人に決定すると、引き続いて村役場で当選証書を交付した。

 当日の有権者数は376人(男167人、女性209人)。投票総数は355票(男153人、女202人)で有効投票数は351票だった。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

【飯田市】商議所青年部がキッチンカーフェスティバル開催 飲食や音楽でにぎわいみせる

11月27日土曜日14:47

【阿智村】飯田国道事務所が除雪出発式を開く 安全な交通確保と作業実施への意識高める

11月27日土曜日14:46

【飯田市】ギネス世界記録に挑戦する世界一長い鉄板製作が佳境 「飯田焼肉の日」の29日に

11月26日金曜日16:45

【飯田市】サッカークラブ「アザリー飯田フットボールクラブ」が今シーズンの全日程終了

11月26日金曜日15:31

【松川町】リニア建設工事の残土運搬車両 来年1月からモニタリング調査実施へ

11月25日木曜日16:05

【豊丘村】JR東海と建設会社などが中央新幹線安全推進協議会を設立 リニアトンネル工事の崩落事故を受け豊丘村で初会合

11月25日木曜日16:13

【飯田市】佐藤健市長 市議会定例会あいさつで2022年度予算編成基本方針に触れる 「コロナ禍を乗り越え、日常を取り戻す年」

11月24日水曜日16:45

【飯田市・下伊那】JAみなみ信州が飯田下伊那地域特産の干し柿「市田柿」の出荷始める 「甘さしっかりで、もっちり」

11月24日水曜日16:32

コラボ案件続々! バーチャルシンガー花譜へ 楽曲提供&クラブサウンド共作も

11月22日月曜日19:31

【飯田市】大宮諏訪神社大総代が来年の式年大祭の関連神事「神輿渡御」の順路を確認

11月22日月曜日15:59

【松川町】上片桐の御射山神社御柱祭に向け、氏子らが巨木を伐採 「無事に建立できれば」

11月22日月曜日15:41

【飯田市】南信州観光公社が天竜川流域の外国人向けのモニターツアー開く

11月20日土曜日14:35

【飯田市】浜井場小学校合唱団がこども音楽コンクール東日本発表会に進出

11月20日土曜日14:40

【リニア中央新幹線】飯田市内工区のトンネル掘削残土運搬が年明け開始へ

11月19日金曜日16:58

【喬木村】水引で飾った鮮やかな阿島傘を制作 伝統工芸「水引×和傘」のコラボ

11月19日金曜日16:31








記事の検索はこちらから




三遠南信biz










南信州企業ナビ

南信州飯田観光ガイド2021

南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞