阿智村長選・熊谷秀樹氏が再選

政治・行政

[ 2018年 1月 24日 水曜日 15時14分 ]

001achi

 任期満了に伴う阿智村長選は23日告示され、同日午後5時に立候補届出を締め切った結果、現職の熊谷秀樹氏(49)=無所属、智里東=の再選が確定した。選挙会は28日午後5時から開き、引き続いて当選証書を交付する。初登庁は2月13日。

 熊谷氏はこの日、村内全域を遊説し9カ所で街頭演説を行った。雪の降る天候だったものの、集まった支持者らに今後の村づくりについて訴えた。午後7時からJA阿智支所で開かれた報告会では、熊谷夫妻が拍手に包まれて入場。花束を受け取り、万歳の声が会場内に高らかに響き渡った。

 熊谷智徳選対委員長は「4年前、熱い思いで村長選に初挑戦し、今回は前回に増して力を結集してもらった。中山間地域の少子高齢化をはじめとした数多くの課題がある。一つ一つ住民目線で対応し、リニア時代を見据えた飛躍の4年間になることを」と喜んだ。

 熊谷氏は支援に感謝するとともに「天皇陛下の来訪、日本一の星空、この4年間は私一人の力ではない、一人一人の村民の力がなければできなかった」と1期4年を振り返った。

 「思いを伝えたいと『阿智家族』という言葉を掲げた。村ごと大きな家族になり、村の中でのさまざまな課題を一人一人が理解し合って解決していく。子どもたちにいつかは帰ってきてもらいたい。皆にも近所の子どもたちに『地域にとって大事な人だから帰って来いよ』と声を掛けてもらいたい」と語り、自らも近所の人の言葉がきっかけで地元に戻った思いを伝えた。

 「2期目へ向け身が引き締まる思い。課題は山積するが、期待に応えるべくしっかりと前を向いてやっていく」と話した。

 同村長選は阿智村が誕生した1956年以来、16回あり、このうち選挙戦となったのは高坂専一郎氏が当選した60年、原孝平氏が当選した62年と70年、岡庭一雄氏が初当選した98年の計4回。

 98年以来、5回連続20年の無投票が続いた。今回選挙戦では、候補擁立の動きもあったが実現には至らなかった。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

【飯田市】連合長野飯田地域協議会が佐藤市長と懇談会 「働くことの安心社会の実現」に

12月8日水曜日15:12

【天龍村】天龍小学校で地域の高齢者を講師に伝統行事学ぶ 「おやす」や「しめ縄」餅つき大会も

12月8日水曜日15:11

【リニア】大鹿村の南アルプストンネル「小渋川―釜沢非常口」間の先進坑 JR東海が貫通を発表

12月7日火曜日15:13

【平谷村】ひまわりの森イルミネーションがお目見え 8万1000個が冬の平谷彩る

12月7日火曜日15:46

【下伊那】高森町でマイナンバーカードの出張申請窓口を設置「買い物ついでに申請を」

12月6日月曜日15:07

【飯田市】遠山郷に伝わる湯立て神楽「遠山の霜月祭り」 始まる 熊野神社など8神社で15日まで

12月6日月曜日15:16

【飯田市】エス・バードで南信州環境メッセが開幕 ゼロカーボン社会実現を目指して

12月4日土曜日14:24

【阿智村】昼神温泉郷で湯屋守様を並べ湯立て神事 温泉利用者の無病息災願う

12月4日土曜日14:30

【豊丘村】自転車活用推進計画策定委が下平村長に答申

12月3日金曜日16:40

【高森町】全日本アームレスリング選手権優勝の宮嶋さんが町長を表敬訪問

12月3日金曜日16:45

【飯田市・お練りまつり】本町三丁目大名行列保存会が役者全体会議を開く

12月2日木曜日15:25

【飯田市・お練りまつり】東野大獅子保存会が獅子頭など3点をシルクホテルに展示 宿泊客に祭りをPR

12月2日木曜日15:37

【飯田市】上村小児童が湯立神楽「霜月祭り」に向け横笛を練習「一生懸命吹いて、練習の成果を出したい」

12月1日水曜日15:13

【飯田市】喜久水酒造が国際シードル品評会で県内で唯一の最高賞を受賞

12月1日水曜日15:57

【阿智村】満蒙開拓平和記念館が来館者20万人を達成 平和の尊さ未来へ伝える拠点に

11月30日火曜日15:33




新聞購読について

記事の検索はこちらから




印刷について

出版物について

工場見学について

公式Twitter

公式フェイスブック

RSS




三遠南信biz

南信州企業ナビ

南信州飯田観光ガイド2021

グリムスパンキーニュース

南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞