飯田市が幼児教育・保育のあり方方針案を示す

政治・行政

[ 2019年 9月 21日 土曜日 13時04分 ]

 飯田市は20日、「幼児教育・保育のあり方」方針案を議会全員協議会に示した。改訂から12年が経過した市保育所民営化方針を見直し、新たに5つの姿を掲げて推進する考え。策定中の次期子育て応援プランで、「幼児教育・保育」の分野にかかる施策の方向性として据える。

 幼児教育・保育のあり方に関する方針案は、全国標準の保育時間で安心して仕事と子育てを両立できるまちや▽全ての地区で就学前3年間の幼児教育が受けられるまち▽乳児・未満児の子育てを効果的に支援するまち▽地区の特性に合わせて柔軟な運営方法を生み出すまち▽行政が多様な主体による施設運営をサポートするまち―の5つを描く。

 仕事と子育ての両立では、公立保育所の拠点方式を見直し、全園で標準保育時間化を進める。ただ標準時間化には保育スタッフを増員する必要があり、「地域協働型運営モデル」として地元人材を掘り起こし体制が整ったところから具体化させる。

 就学前3年間の幼児教育では、保育要件の有無にかかわらず、地元小学校区で就学前3年間の幼児教育を無償で提供する機会を確保したい考え。確保に向け、公立保育所の保育所型認定こども園への移行を進める。

 急増する乳児・未満児の保育ニーズへの対応について、全地区に乳児・未満児の受け皿を用意するのは人的、材的にも困難と指摘。公と民の機能・役割を明示し、分担と連携によって 「互いの強みを生かし合って市全体の幼児教育・保育を形づくる」とする。

 また公立保育所民営化手法による整備の基本的考え方を示し、目的、前提条件、進め方を盛った。 うち進め方には園児数10人未満が続いた場合などに休園の選択肢を加えた。

 子育て支援課によると、出生数が年800人を割るなど少子化が進む一方、乳児・未満児の保育ニーズは増加傾向にある。保育人材の確保も課題の1つ。移住定住の促進や交流・関係人口の増加を目指す「田舎へ帰ろう戦略」に絡め、全地区で子育て移住を促進するには各地区に最低1つの幼児教育施設が必要とする。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

Sponsored Link

     

最近の記事

【飯田市】りんご並木70周年記念グッズが完成 飯田東中学校の生徒がデザイン

12月7日水曜日16:10

【高森町】JR東海がリニアのガイドウェイ側壁製作保管施設についての地元住民説明会

12月7日水曜日16:15

【飯田市】JAみなみ信州と飯伊地区労農会議がアフリカ・マリへ送る支援米の合同発送式開く

12月6日火曜日16:06

【飯田市】連合長野飯田地域協議会が定期総会 代表ら約100人出席し団結誓う

12月6日火曜日16:58

【飯田市】遠山郷に伝わる湯立て神楽「遠山の霜月祭り」始まる 今年は18日まで8神社で

12月5日月曜日15:58

【飯田市】リニア長野県内駅の周辺整備事業で市が土木工事の実施設計公表 駅前広場の模型を初公開

12月5日月曜日15:32

【飯田市・下伊那】「知事との県民対話集会」飯伊地域2日間の日程終える

12月3日土曜日14:06

【阿智村】昼神温泉郷で冬の風物詩「御湯」が開幕 利用者の無病息災、地域の安寧願い込め

12月3日土曜日14:31

【飯田市・下伊那】飯伊5市町村で「知事との県民対話集会」 首長や住民らと意見を交わす

12月2日金曜日15:16

【飯田市・下伊那】郷土誌「伊那」の3代目原田主幹が退任 伊那史学会と南信州新聞社が引き継ぎ

12月2日金曜日15:31

【阿南町】和合の念仏踊りと新野の盆踊りなどの「風流踊」がユネスコ無形文化遺産登録へ

12月1日木曜日16:21

【阿南町】阿南第二中を小学校と併設型の小中一貫校に 24年4月までの設置を目指す

12月1日木曜日16:18

【喬木村】キャッチボールクラシックで全国大会出場の喬木少年野球クラブが村長を訪問

11月30日水曜日15:12

【飯田市・下伊那】森林を守り、技術を学ぶ 千代の山林で「森集人」がボランティア作業

11月30日水曜日15:17

【阿智村】村の魅力再認識、阿智☆昼神観光局が村内一斉ライトダウンイベント開く

11月29日火曜日15:02




南信州新聞の購読はこちら

記事の検索はこちらから




印刷について

出版物について

工場見学について

公式Twitter

公式フェイスブック

RSS




南信州飯田観光ガイド2022秋冬

三遠南信biz

南信州企業ナビ

グリムスパンキーニュース

南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞