「竹佐中原遺跡石器は3万~5万年前」県埋蔵文化財セが見解

社会

[ 2010年 5月 21日 金曜日 15時03分 ]

 県埋蔵文化財センター(長野市)は19日、後期旧石器時代(約1万5000~3万5000年前)より古い可能性などについて、2000年から進めてきた飯田市竹佐の竹佐中原遺跡の調査結果を発表した。年代については「約3万~5万年前のもので、県内最古クラスと考えられる」と説明した。

 発掘調査は、三遠南信道飯喬道路の建設に伴い、現在の飯田山本インターチェンジにあたる約4万平方メートルで7回にわたって実施され、4地点から800点を超える旧石器時代の遺物が採取された。

 石器群が発見された当時は、宮城県上高森遺跡で旧石器発掘ねつ造事件が起きた直後で、考古学研究の再構築につながる重要な石器群として全国的に注目を集めた。

 年代の測定は、火山灰の蓄積など4つの多角的な分析方法で実施。ねつ造事件を受けて厳しい目で検証を重ねた結果、5万年より古くなく、3万年より古いという見解にまとめ、断定を避けた。

 出土品は阿智川の石など遺跡から数キロ圏内にあったものが主体だが、2地点からは愛知県の鳳来寺山と同じ石も少数ながら見つかった。

 調査指導委員会の委員長で明治大学名誉教授の戸沢充則さんは「ねつ造事件の悪夢から抜け出し、新たな方向性を見出そうと取り組んだ結果、その手本となる研究の成果となった」と説明した。

 また「東アジアのネアンデルタール人(中期旧石器時代)から新人(後期旧石器時代)への移行期について、考え方を見直そうという動きが世界的に大きくなっており、本研究は日本における最初の成果といえる」とも指摘した。

 同センターも「どう評価するかにより、日本列島の人類史が変わってくる。その上で非常に重要な遺跡」と述べた。

 調査結果は日本考古学協会などで発表される。石器群は、7月8日から8月1日まで県伊那文化会館で開かれる速報展で公開され、年内は同センターが保管。その後、飯田市教育委員会に移管される。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

【飯田市】飯田風越高校で創立120周年記念式典開く

10月16日土曜日14:05

【高森町】高森中3年生が園児に自作の紙芝居を読み聞かせ「すごく喜んでくれた」

10月16日土曜日14:24

【天龍村】国道418号神原トンネル現場見学会に児童らが参加「勉強になった」

10月15日金曜日16:27

【大鹿村】大鹿歌舞伎題材のご当地ポスト「大鹿カブシャンポスト」が道の駅に設置

10月15日金曜日15:04

【長野5区】衆議院解散で総選挙に突入 19日公示、31日投開票

10月14日木曜日15:27

【喬木村】現職・市瀬直史氏が村長選出馬を表明

10月14日木曜日15:18

【豊丘村】地元の味と香りを堪能 小中学校でまつたけ給食

10月13日水曜日15:48

【飯田市】佐藤健飯田市長 就任1年目の市政経営を振り返る

10月13日水曜日15:59

【飯田市・下伊那】緊急事態宣言解除で体験型教育旅行の受け入れが本格化

10月12日火曜日15:45

【天龍村】天龍村の村指定無形民俗文化財「満島神社の秋祭り」開催

10月12日火曜日15:03

【売木村】200キロを走るウルトラマラソン大会を初開催 累計標高差4000メートル超の山岳コースに挑む

10月9日土曜日14:43

【飯田市】菱田春草の没後110年特別展が始まる 「黒き猫」をはじめ珠玉の名画が一堂に

10月9日土曜日14:17

【飯田市】佐藤市長が信大学長に新学部誘致の意向伝える

10月8日金曜日16:29

【阿智村】上清内路諏訪神社で江戸時代から続く伝統煙火奉納

10月8日金曜日16:11

【飯田市】高校生対象にライフデザインセミナー 「地元で子育てを考えてくれたらうれしい」

10月7日木曜日15:28








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞