たまゆら 県の「いきいきカンパニー」に認証

社会

[ 2016年 2月 8日 月曜日 9時12分 ]

 飯田市北方で福祉介護事業を展開する株式会社たまゆら(松村紘一代表取締役)が5日、多様な働き方を導入・実践し、正社員化や職場環境の改善に取り組む企業を認証する県の「職場いきいきアドバンスカンパニー」に認証された。

 この制度は昨年7月から運用を開始し、県内では6社目、南信地区では同社が初めての登録となった。県が策定した「人口定着・確かな暮らし総合戦略」でも、若い世代の経済的安定の支援、子育てと仕事の両立支援、ワークライフバランスの実現のための具体的施策として、この制度の普及・促進が盛り込まれている。

 同社は、2003年4月に「デイサービスセンターたまゆら」を開設。05年3月「ショートステイたまゆら」、07年3月「介護付有料老人ホームたまゆら」、09年4月「デイサービスセンターたまゆらの丘」、同年8月「ハッピーハウスたまゆら」と「グループホームたまゆら」を立ち上げ現在に至る。

 今回の認証は、派遣社員からの採用制度を利用し正社員として採用、正社員転換制度を利用しパートタイマーを正社員へ転換、勤続年数に応じてリフレッシュ休暇と勤続手当を支給、健康診断判定表彰、教育資金貸付制度、託児所の開設、児童学級の開設など、職場環境の改善に取り組んできた実績が評価された。

 同社には仕事と子育ての両立支援に積極的に取り組むためのプロジェクトチームがあり、社内アンケートやヒアリングを行い、従業員の要望を取り上げている。従業員は現在96人。

 松村社長は「ここまで来る中で財的にも人的にも非常にエネルギーを使っている。その中で一番やってよかったと思ったのは、たくさんの職員が制度を当然の権利として行使してくれていること。それが職員の定着と質の高いサービスにつながっており、逆に得たものが非常に多い。これからも仕組みを十分に生かしていきたい」と語った。

 認証書を交付した県南信労政事務所(原佳正所長)では「日頃から多様な働き方の実践に積極的に取り組まれたことが今回の認証に至った。県としても、働きやすく働きがいのある職場として、優秀な人材の確保につながるよう、広く発信していく」としている。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

【飯田市】3店が共同開発した冷凍折り詰めの全国販売開始「伊那谷の良さを伝えられたら」

10月23日土曜日13:13

【喬木村】曙月庵で阿島傘の展示始まる 茶室を彩る和傘ずらり ライトアップも

10月23日土曜日13:40

【飯田市・下伊那】三遠南信自動車道「飯喬道路第3工区」で初のトンネル掘削工事開始

10月22日金曜日16:20

【飯田市】松尾小4年2組がシトラスリボン作成「コロナ差別をなくそう」

10月22日金曜日15:11

【リニア中央新幹線】JR東海が安全対策をリニア対策委員会で報告 月内は試験走行期間

10月21日木曜日15:53

【飯田市】橋北まちづくり委が春草通りに案内図設置 菱田春草生誕地ほか歴史的建造物の位置を明示

10月21日木曜日15:22

【北部3町村】竜神大橋の建設期成同盟会が総会開く 早期完成を強く要望

10月20日水曜日16:43

【リニア中央新幹線】飯田市が座光寺の共和地区を巡り工事説明会 代替地は来月着工

10月20日水曜日15:51

【飯田市・下伊那】衆院選が公示、5区は与野党一騎打ち 12日間の短期決戦スタート

10月19日火曜日15:51

【飯田市】長編映画撮影の無償ボランティア募集

10月19日火曜日15:12

【大鹿村】大鹿歌舞伎秋季公演をライブ配信 静かな会場でこん身の演技

10月18日月曜日15:19

【飯田市・下伊那】南信州獅子舞フェスティバルが2年ぶり開催 14団体が勇壮に伝統舞

10月18日月曜日15:41

【飯田市】飯田風越高校で創立120周年記念式典開く

10月16日土曜日14:05

【高森町】高森中3年生が園児に自作の紙芝居を読み聞かせ「すごく喜んでくれた」

10月16日土曜日14:24

【天龍村】国道418号神原トンネル現場見学会に児童らが参加「勉強になった」

10月15日金曜日16:27








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞