売木村でガソリンスタンドを残す会が発足

社会

[ 2014年 4月 11日 金曜日 9時50分 ]

 消費増税などから経営の継続困難として、3月末で村内唯一のガソリンスタンドでのガソリン販売が終了した売木村で9日、今後の販売継続を考える「売木村にガソリンスタンドを残す会」(仮称)が発足した。ガソリンの燃料タンクの貯蔵期限が切れることし12月までに民間主導で会社組織を立ち上げ、期限以降も販売を継続させたい考えだ。12月までは村観光協会が販売を継続することも決め、早ければ今月中にも再開される見通し。

 4月1日以降、村内にガソリンを販売するスタンドがなくなったことで、村民は車で5分ほどの距離にある阿南町新野などのスタンドを利用している。しかし高齢化が進む同村において、将来的な村民の足の確保や農作業機械の燃料確保、キャンプ場や温泉を有する村の観光イメージへの打撃などを考慮した上で「ガソリンスタンドはなくてはならない」と判断。後藤文登・村観光協会長(村会議長)らが発起人となり、9日に村民ら約20人が参加して初会合を開いた。

 意見交換では「何とか残したい」「観光面に影響し商店まで消えかねない」など継続を望む声で一致した一方、民間による組織の立ち上げから資金面の確保などの課題は大きく、行政へ協力を求める声も出た。

 後藤会長は「会社にしろ組合にしろ、組織を立ち上げた場合の村の応援はあると思うが、まずは我々で立ち上がらなければ始まらない」と強調。今後も利用可能な補助金、募金、出資などの情報収集に努め、組織立ち上げから販売を軌道に乗せるための最良の策を検討していく。

 参加者の販売継続の意思を確認した上で、当面の間は同観光協会が販売を担うことも決めた。後藤会長は「今月中にも従業員を募集し、販売を再開させたい」とし、「呼び掛けにこれだけ多くの村民が集まってくれて良かった。思いを実現するために、今後も協議を進め、12月以降、新組織に移行することができれば」と話している。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

Sponsored Link

     

最近の記事

【飯田市】グルメとサブカルチャーの祭典「飯田丘のまちフェスティバル」飯田市の中心市街地で3年ぶりに通常開催へ

10月4日火曜日15:41

【飯田市】追手町小学校創立150周年記念事業で校舎を昼夜開放へ 人形劇やナイトツアーなど多彩な企画も

10月4日火曜日15:37

【大鹿村】大鹿中学校の全校生徒による歌舞伎公演 豊かな表現で観客引き込む

10月3日月曜日15:52

【浜松市】阿南町の和合の念仏踊り保存会が「三遠南信念仏踊り・遠州大念仏競演(仮)」の収録に参加 浜松市の舞台で「庭入り」披露

10月3日月曜日15:53

【飯田市・下伊那】三遠南信道飯喬道路3工区で初のトンネル完成式 早期開通へ思い新たに

10月1日土曜日14:11

【飯田市・下伊那】「身近な相談先知って」オレンジリボンが児童虐待防止啓発でティッシュ配布

10月1日土曜日14:56

【飯田市】公共施設のネット予約システム10月3日から稼働 PC、スマホに対応

9月30日金曜日16:42

【東京都】ニッチローさん監修の焼き肉店が下北沢にオープン

9月30日金曜日16:45

【飯田市】大規模断水の静岡市清水区へ職員と給水車を派遣 副市長と職員が拍手で送り出す

9月29日木曜日15:06

【阿智村】「豊かな自然生かしたい」浪合に移住した母親たちが子育て広場を始める

9月29日木曜日15:48

【リニア中央新幹線】JR東海が「対策土」活用に向け試験施工の方針示す 大鹿村の仮置場で年末にも

9月28日水曜日15:17

【飯田市】久保田さんが古民家活用し書店オープン「本を読む楽しさ感じられる場所に」

9月28日水曜日15:16

【飯田市・下伊那】伊那谷民俗芸能団体連絡協議会が総会 地域文化の継承へ意気を高める

9月27日火曜日15:03

【飯田市】恩がえしIILAが動物愛護週間イベントを開催 「生き物を知って守ろう」

9月27日火曜日15:57

【飯田市】飯田下伊那や上伊那のシードルを集めたマルシェ「南信州シードルコレクション」 試飲しながら生産者と交流

9月26日月曜日15:48




南信州新聞の購読はこちら

記事の検索はこちらから




印刷について

出版物について

工場見学について

公式Twitter

公式フェイスブック

RSS




南信州飯田観光ガイド2022秋冬

三遠南信biz

南信州企業ナビ

グリムスパンキーニュース

南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞