旭松食品と契約栽培大豆 戸別所得補償で初の検査

社会

[ 2011年 12月 27日 火曜日 15時32分 ]

 飯田市農業振興センターとその実働部隊、NPO法人みどりの風は26日、旭松食品と契約栽培した大豆(つぶほまれ)の集出荷と検品をJAみなみ信州喬木支所野菜集荷所で行った。今年度から戸別所得補償を受ける人は、播種前契約を行い、収穫後に正規の検査と同社専門の検査を受けることが必要になった。

 大豆の栽培は、遊休農地対策として、2006年度から山本で始まり、3年目から高森町営農支援センターゆうき、阿智村産業振興公社も協働して推進している。作付面積は当初の65ヘクタールから6年目の今年度は434ヘクタール(飯田市306ヘクタール、高森町59ヘクタール、阿智村69ヘクタール)に増加したが、栽培農家は14個人・2団体と最盛期の09年度より減っている。

 10年度は天候不順のため収穫できた面積が390ヘクタールに減少したほか、上久堅の栽培農家が別の会社と契約するようになった。

 大豆の栽培にあたり、昨年度までは買い取りの説明会を行っていたが、契約はしていなかった。今年度から戸別所得補償を受けるためには播種前契約を行い、収穫した大豆は正規の検査と旭松専門の検査を受けることが必要になった。

 契約農家から持ち込まれた1袋30・5キロ入りの大豆はそれぞれの検査官が抽出して粒の大きさ、形、汚れ、割れなどを検査した。旭松食品研究所の副主任研究員は「猛暑で粒が小さかった昨年より作柄はいい。収量も6トンだった昨年よりはるかによく、8トンぐらいいくのでは」と手応えを語った。

 同社では、契約栽培した地場の大豆を全量使って香典返しの高野豆腐、みそ、しょう油、学校給食用の煮豆を作っているが、足りなくなっているのが実情。同研究員は「潤沢に行き渡るには20トンぐらいほしい」と更なる大豆栽培の推進に期待を込めた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

グリムスパンキーニュース 2021.10.17.

10月24日日曜日18:07

【飯田市】3店が共同開発した冷凍折り詰めの全国販売開始「伊那谷の良さを伝えられたら」

10月23日土曜日13:13

【喬木村】曙月庵で阿島傘の展示始まる 茶室を彩る和傘ずらり ライトアップも

10月23日土曜日13:40

【飯田市・下伊那】三遠南信自動車道「飯喬道路第3工区」で初のトンネル掘削工事開始

10月22日金曜日16:20

【飯田市】松尾小4年2組がシトラスリボン作成「コロナ差別をなくそう」

10月22日金曜日15:11

【リニア中央新幹線】JR東海が安全対策をリニア対策委員会で報告 月内は試験走行期間

10月21日木曜日15:53

【飯田市】橋北まちづくり委が春草通りに案内図設置 菱田春草生誕地ほか歴史的建造物の位置を明示

10月21日木曜日15:22

【北部3町村】竜神大橋の建設期成同盟会が総会開く 早期完成を強く要望

10月20日水曜日16:43

【リニア中央新幹線】飯田市が座光寺の共和地区を巡り工事説明会 代替地は来月着工

10月20日水曜日15:51

【飯田市・下伊那】衆院選が公示、5区は与野党一騎打ち 12日間の短期決戦スタート

10月19日火曜日15:51

【飯田市】長編映画撮影の無償ボランティア募集

10月19日火曜日15:12

【大鹿村】大鹿歌舞伎秋季公演をライブ配信 静かな会場でこん身の演技

10月18日月曜日15:19

【飯田市・下伊那】南信州獅子舞フェスティバルが2年ぶり開催 14団体が勇壮に伝統舞

10月18日月曜日15:41

【飯田市】飯田風越高校で創立120周年記念式典開く

10月16日土曜日14:05

【高森町】高森中3年生が園児に自作の紙芝居を読み聞かせ「すごく喜んでくれた」

10月16日土曜日14:24








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞