県機関が「ランチシフト」 電力使用平準化へ

社会

[ 2011年 7月 27日 水曜日 15時00分 ]

 県は節電・省エネ対策の一環として、一日の電力使用の平準化を図ろうと、県の各機関で昼休みを1時間遅らせる「ランチシフト」の試行を25日から始めた。25―27日と8月8―10日の計6日間に計310機関が予定し、実施後に効果を検証する。

 「さわやか信州省エネ大作戦」に位置付けて企画。従来は「正午―午後1時」の休憩時間を期間中は「午後1時―2時」に変更する。飯田下伊那地域では前半に10の機関が試み、8月の3日間は県立高校なども加えた20機関で予定する。

 初日のうち、下伊那地方事務所など多くの県機関が入る飯田市追手町の県飯田合同庁舎。午後1時に昼休みの到来を告げるチャイムが庁内に鳴り響くと、職員らが仕事の手を休め、1階の食堂へ向かったり、弁当などを広げたりして、いつもより遅い昼食をとった。

 「お腹すきました」「生活リズムが変わり、多少の違和感を覚える」「特にどうってことはない」など職員らの反応は様々。来庁者などへの対応は「従来の昼休みと同様、迷惑をかけることがないよう、各所課に体制等の徹底を求めた」(松本善彦副所長)。

 合庁食堂では試行期間中、ラストオーダーを30分間ほど延長して午後1時半ごろまでとする。ただし、オープン時間は一般客を考慮して通常と同じ午前11時半としており、従業員からは「営業時間が長くなり、食堂だけ見れば非効率でエコに逆行しているようにも思える」の声もあった。

 食堂で昼食をとっていた下伊那地事所の男性職員(27)は、関係先や住民からの電話、庁外会議、打ち合わせや訪問の約束時間などを引き合いに「午後の仕事は1時からが一般的で、相手方の都合もある」と指摘した上で「電力使用の平準化を図る狙いだが、業務への支障を含めた総合的な効果の検証が大事」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

【飯田市】千代の棚田百選「よこね田んぼ」で稲刈りイベント かかしコンテストも

9月28日火曜日15:20

【飯田市・下伊那】長野県が感染警戒レベル4を解除、南信州圏域は1に

9月28日火曜日15:07

【飯田市・下伊那】11月に「南信州キッチンカーフェスティバル」開催へ

9月27日月曜日15:08

【高森町】高森南小学校で南極・昭和基地の南極地域観測隊員とライブ中継

9月27日月曜日15:57

【阿智村】村内企業や事業主支援へ 1億円超の新型コロナウイルス緊急経済対策事業

9月25日土曜日14:47

【飯田市】飯田西中1年生が猿庫の泉で野点茶会を体験「抹茶は苦かったけれどすがすがしい気分」

9月25日土曜日13:42

【飯田市・下伊那】マツタケの入荷順調、森林組合北部支所直売所は買い物客でにぎわう

9月24日金曜日17:40

【豊橋市・飯田市】ヤマサちくわがねぎだれに合う練り物を商品化「飯田おでんの具にも」

9月24日金曜日17:08

グリムスパンキーニュース 2021.09.19.

9月23日木曜日16:42

【リニア中央新幹線】長野県内初、伊那山地トンネル青木川工区の本線用トンネル掘削を開始

9月22日水曜日16:15

【飯田市・喬木村】4社がフィットネス市場に向け半生菓子を発売「トレーニングに最適」

9月22日水曜日15:36

【飯田市】市消防団が防災功労者内閣総理大臣表彰「昨年7月豪雨で人命の安全確保と被害軽減に尽力」

9月21日火曜日15:36

【飯田市】「SDGs身近に」田畑茶舗が期限切れのお茶をほうじ茶にする「息吹茶サービス」を開始

9月21日火曜日15:38

【長野5区】衆院任期満了まで1カ月、日程不透明も与野党の動き活発

9月20日月曜日13:58

【飯田市】和田諏訪神社で御柱祭に向けて用材伐採「斧入れ式」

9月20日月曜日13:33








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞