飯田保健所が年末一斉取締り、食品営業施設を立入検査

社会

[ 2013年 12月 21日 土曜日 14時14分 ]

 県飯田保健所は20日、飯田市松尾上溝の同市公設地方卸売市場の食品営業施設への立入検査を実施した。同保健所の食品衛生監視指導員5人が午前6時から約2時間、マルイチ産商、丸水長野県水、飯田青果を立入検査した。

 年末は、多種類の食品が短期間に大量に流通することから、衛生的な取扱いがおろそかになりやすく、ノロウイルスによる食中毒の発生しやすい時期とも重なる。このため、県は、食品取扱い施設の衛生管理の徹底を図るため、今月2日から27日まで県下一斉に保健所職員が立入検査を行うとともに、店頭からの食品抜き取り検査を実施している。

 飯田保健所では、スーパーマーケットや魚介類取扱い施設、仕出屋、弁当屋、旅館、給食提供施設など300件を対象に立入検査を実施。食品抜き取り検査は総菜、魚介類、魚肉練り製品、冷凍食品、牛乳、清涼飲料水、干し柿など37検体をすでに終えている。細菌検査や食品添加物検査、残留農薬検査などの結果、今のところ違反はゼロという。

 この日、立入検査を実施した同卸売市場では、鮮魚コーナーで商品の表面温度を計ったり、加工食品の添加物やアレルギー物質、保存温度、消費期限、賞味期限などの表示をチェックした。

 マルイチ産商水産事業部飯田支社の五十川忠志支社長は「メーカー規格で通常4000アイテムぐらいあるが、これからおせち料理も加わる。賞味期限や原材料などの表示の問題で消費者に安心して買ってもらえるようにするのが我々の務め。普段扱っていない商品も来るので細心の注意を社員に指示徹底している」と説明。

 同保健所食品・生活衛生課の課長は「以前と比べると数えるほどしかないが、加工の段階で髪の毛が混入するケースが一番多い。消費者の安全と安心の確保を図るため、特にノロウイルスによる食中毒を防ぐために、せっけんによる手洗いや、加熱調理する料理は中心部まで十分に火を通していただきたい」と話していた。

 本年度になって県内では11日現在、14件の食中毒が発生。飯田保健所管内では、ノロウイルスを原因物質とする、飲食店の調理従事者からの2次汚染で6月に1件発生した。昨年度は県内で19件、同保健所管内ではいずれもカンピロバクターとジェジュニを原因物質とする、原材料の汚染と加熱不足で4月と5月に各1件発生している。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

【松川町】阿部守一長野県知事の「しあわせ信州移動知事室」始まる 松川町のシードル醸造所を視察

10月27日水曜日15:17

【高森町】高森南小学校の4年生が町特産の干し柿「市田柿」作りに挑戦

10月27日水曜日15:56

【飯田市】「ランタン&シードルジャンボリー」天龍峡の夜空にスカイランタンが舞う

10月26日火曜日15:24

【喬木村】喬木村で村政懇談会始まる 来月29日まで

10月26日火曜日15:36

【飯田市】南信州龍江アウトドアフェス開催 天龍峡マルシェとともに盛況

10月25日月曜日15:24

【大鹿村】JR東海・リニア中央新幹線建設工事の残土搬出を開始

10月25日月曜日15:26

【長野5区】衆院選・初の週末 両候補が精力的に各地を遊説 支持拡大へ激しい論戦

10月25日月曜日15:51

グリムスパンキーニュース 2021.10.17.

10月24日日曜日18:07

【飯田市】3店が共同開発した冷凍折り詰めの全国販売開始「伊那谷の良さを伝えられたら」

10月23日土曜日13:13

【喬木村】曙月庵で阿島傘の展示始まる 茶室を彩る和傘ずらり ライトアップも

10月23日土曜日13:40

【飯田市・下伊那】三遠南信自動車道「飯喬道路第3工区」で初のトンネル掘削工事開始

10月22日金曜日16:20

【飯田市】松尾小4年2組がシトラスリボン作成「コロナ差別をなくそう」

10月22日金曜日15:11

【リニア中央新幹線】JR東海が安全対策をリニア対策委員会で報告 月内は試験走行期間

10月21日木曜日15:53

【飯田市】橋北まちづくり委が春草通りに案内図設置 菱田春草生誕地ほか歴史的建造物の位置を明示

10月21日木曜日15:22

【北部3町村】竜神大橋の建設期成同盟会が総会開く 早期完成を強く要望

10月20日水曜日16:43








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞