飯田市が太陽光発電普及のため全国初の設置費用0円システム構築

社会

[ 2009年 12月 29日 火曜日 8時36分 ]

 環境モデル都市飯田市は28日、おひさま進歩エネルギー、飯田信用金庫と協働で住宅への太陽光発電の普及とエネルギーの地産地消をさらに推進するため、設置費用0円システムを全国で初めて構築したと発表した。同システムにより太陽光発電を設置した市民が、売電量を増やすため家庭で省エネ行動を実践することにより、従来の自己負担で設置された太陽光発電設備と併せて、民生・家庭部門における温室効果ガスの削減を推進する目的だ。市では「住宅用太陽光発電の普及率は2・3%。全国平均の1・8~1・9%を上回る。今回のシステム構築により飯田のすべての屋根に太陽光発電を設置したい」としている。

 国は、住宅を対象とした太陽光発電設備の設置を普及させるため、11月1日から太陽光発電余剰電力固定価格買取制度をスタートさせた。この制度は、22年3月までに設置された太陽光発電パネルで作られた電力を自家消費のうえ、余った電力を従来の倍の48円(時間あたりキロワット)で10年間にわたって電力会社に売ることができる。

 これまで住宅には、高額な初期投資が太陽光発電普及のネックとなっていたが、おひさま進歩エネルギーはこの機会をとらえて、固定買取と太陽光市民共同発電事業を活用した「おひさま0円システム」を全国で初めて構築。市民が自らの屋根で発電した電気を使ってエネルギーの地産地消を実践するのを支援するため、同システムを運用し、低炭素社会づくりへの取り組みに企業として参加する。

 また、飯田信用金庫は低金利のエコファイナンスでおひさま進歩エネルギーを支援する(1件当たり170万円)。飯田市は、自己設置者に対して市から交付される住宅用太陽光発電システム設置奨励金と国から交付される補助金の相当額(30万円)を、市が同社に交付することを通じて、市民が設置費用0円で太陽光発電を設置できるよう財政支援を行う。

   *   *

 具体的には、おひさま進歩は、住宅所有者の屋根に無償で太陽光発電設備(200万円)を設置し、その家に9年間電力を供給。住宅所有者は、この電力を購入し、毎月1万9800円(トータル210万円)を同社に支払う。9年間の使用貸借の契約期間が終了すると、屋根に置かれた設備は無償で住宅所有者に譲渡され、その後は自ら使う電力は自らの設備で発電する。

 住宅所有者は、中電と系統連系の契約をするため、自家消費をして電力が余った場合にはその電力を同社に売って利益を得ることができる。おひさま進歩へ支払う1万9800円から電力の売却益を差し引いた金額が実質的な負担額となる。市は今年度の募集枠30件分の財政支援のため、12月補正予算に900万円を計上。年明け4日から1月末までの募集期間に応募のあった中から、次の設置基準を満たした住宅を選定する。

 ▽飯田市に住所を有する者が所有し、この住宅で実際に生活を行っている▽南向きなど日照条件のよい屋根に3・5キロワットを標準とする太陽光パネルが設置できる▽屋根材が太陽光パネルの荷重に耐えられ、設置しても雨漏りなどの恐れがない▽中電との受電契約があり、系統連系ができる▽事業主体が定める標準費用で設置できる。

 記者会見で牧野光朗市長は「自己資金0で住宅に太陽光発電を普及させるため、多様な主体が協働して立ち上がった。環境モデル都市行動計画に盛り込み、制度のスタートを切る。特に信金がファイナンスの面で参画してくれたことで、政策金融的な考え方が様々な施策でも進むことを期待している」と強調。

 飯田信金の池田征人理事長は「地域ぐるみ環境ISO研究会の一員として、環境モデル都市飯田が目指す低炭素社会構築に金融機関としてどのような取り組みができるかこの事業を通じて検討していきたい。どこの家庭でもエネルギーの地産地消に取り組める新たな金融商品を開発していきたい」、おひさま進歩の原亮弘代表取締役は「2004年に市民ファンド出資により創設以来、公的施設や民間事業所162カ所に1300キロワット近い市民共同発電ができあがってきた。個人住宅にも広げるしくみをつくりたいという願いが今回成就した。設置費用0で設置することで、余った電力を売るため省エネ行動が進むことも重要」とそれぞれ述べた。

 同社によると、太陽光発電パネルの耐用年数は20~30年とされるが、配線やパワーコンディショナーなどは10年ぐらいで故障するリスクもある。契約期間中のメンテナンスは同社が負担する。市によると、昨年度までに市の補助(1キロワット当たり7万円、上限額20万円)を受けて太陽光発電を設置した住宅は850件。今年度は当初予算に100件分2000万円を計上しており、これまでに70件の申し込みがある。これとは別に今回30件を募集する。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

【飯田市】連合長野飯田地域協議会が佐藤市長と懇談会 「働くことの安心社会の実現」に

12月8日水曜日15:12

【天龍村】天龍小学校で地域の高齢者を講師に伝統行事学ぶ 「おやす」や「しめ縄」餅つき大会も

12月8日水曜日15:11

【リニア】大鹿村の南アルプストンネル「小渋川―釜沢非常口」間の先進坑 JR東海が貫通を発表

12月7日火曜日15:13

【平谷村】ひまわりの森イルミネーションがお目見え 8万1000個が冬の平谷彩る

12月7日火曜日15:46

【下伊那】高森町でマイナンバーカードの出張申請窓口を設置「買い物ついでに申請を」

12月6日月曜日15:07

【飯田市】遠山郷に伝わる湯立て神楽「遠山の霜月祭り」 始まる 熊野神社など8神社で15日まで

12月6日月曜日15:16

【飯田市】エス・バードで南信州環境メッセが開幕 ゼロカーボン社会実現を目指して

12月4日土曜日14:24

【阿智村】昼神温泉郷で湯屋守様を並べ湯立て神事 温泉利用者の無病息災願う

12月4日土曜日14:30

【豊丘村】自転車活用推進計画策定委が下平村長に答申

12月3日金曜日16:40

【高森町】全日本アームレスリング選手権優勝の宮嶋さんが町長を表敬訪問

12月3日金曜日16:45

【飯田市・お練りまつり】本町三丁目大名行列保存会が役者全体会議を開く

12月2日木曜日15:25

【飯田市・お練りまつり】東野大獅子保存会が獅子頭など3点をシルクホテルに展示 宿泊客に祭りをPR

12月2日木曜日15:37

【飯田市】上村小児童が湯立神楽「霜月祭り」に向け横笛を練習「一生懸命吹いて、練習の成果を出したい」

12月1日水曜日15:13

【飯田市】喜久水酒造が国際シードル品評会で県内で唯一の最高賞を受賞

12月1日水曜日15:57

【阿智村】満蒙開拓平和記念館が来館者20万人を達成 平和の尊さ未来へ伝える拠点に

11月30日火曜日15:33




新聞購読について

記事の検索はこちらから




印刷について

出版物について

工場見学について

公式Twitter

公式フェイスブック

RSS




三遠南信biz

南信州企業ナビ

南信州飯田観光ガイド2021

グリムスパンキーニュース

南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞