ボンシャンス飯田の今後を考える会

スポーツ

[ 2011年 8月 1日 月曜日 8時33分 ]

 飯田市に本拠を置く自転車のクラブチーム「ボンシャンス飯田」の今後を考える会が28日、飯田市役所りんご庁舎であった。メーンスポンサーの撤退で苦戦している資金繰りなどをめぐって、関係者らが意見交換。市民を巻き込んだ体制づくりなども視野に針路を探った。

 南信州バイコロジー協会(熊谷秀男会長)が開き、ボンシャンス飯田の福島晋一代表を迎えて意見を交わした。

 チームはことし発足5年目。これまでの運営はスポンサー支援を要としてきたが、経済情勢の悪化から、変更、撤退が続き、今季はメーンスポンサーがなく、厳しい運営を強いられている。

 冒頭、熊谷会長は「9月ごろまでに来期構想を具体化しなければならない」とし、大口スポンサーの獲得が厳しい状況になっていることから「市民や法人、個人商店に小口スポンサーの輪を広げ、幅広く資金確保を進められないか」と提案。チームの知名度とともに自転車のまち飯田として定着しつつある状況などを踏まえ「なんとか存続させる道を探りたい」と強調した。

 参加者からは、支援者がボンシャンスの一員だという所属感を得られる体制づくりや、選手を頂点に競技自転車人口の裾野を広げてピラミッド型とする努力の必要性を訴える意見が出された。

 福島代表は「ボンシャンスは現在、国内ランキング8位の上位を維持している。将来、ツール・ド・フランスを走れる有力選手を育てていきたい」と決意する一方、来季は現在20人の登録選手を大幅に減らし、少人数体制で運営することも視野に入れていることを明かした。

 また、昨年度に立ち上げた小中学生対象のボンシャンスキッズの活動に期待を寄せつつ、飯田市には「子どもたちへの競技自転車の普及に本腰を入れてもらいたい」と注文する場面もあった。

 運営サイドは自転車のまちを標ぼうする市の支援のあり方にも言及。参加者からは具体的チーム支援の検討や自転車をめぐる総合窓口の設置などを求める意見も出された。

 8月に2回目の意見交換を行い、方向性を固める。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

Sponsored Link

     

最近の記事

【売木村】売木小中学校で始業式 期待を胸に2学期スタート「元気に始業式を迎えられてうれしい」

8月19日金曜日16:28

【高森町】下市田で「灯籠流し」故人をしのぶ コロナ影響で3年ぶりの煙火大会

8月19日金曜日16:53

【高森町】まちづくりプラン達成度の評価会議を一般公開 内部と外部2つの視点で分析

8月18日木曜日15:39

【泰阜村】ウクライナ支援「平和の種プロジェクト」で配布されたヒマワリが見ごろ

8月18日木曜日15:10

【天龍村】向方地区の「かけ踊り」が16年ぶりに復活 懐かしい光景に感慨ひとしお

8月17日水曜日15:35

【泰阜村】村長選で再選を果たした横前明氏が初登庁 2期目も子育て支援柱に掲げる

8月17日水曜日15:51

【阿南町】「新野の盆踊り」3年ぶり開催 商店街に盆唄響く

8月15日月曜日13:27

【阿南町】「和合の念仏踊り」始まる 掛け声とともに激しく飛び跳ねる

8月15日月曜日13:36

【飯田市】飯田女子短期大学で防災講座 体験通じて災害時に生きる術を学ぶ

8月13日土曜日13:52

【飯田市】下伊那農業高校畜産部が明大生と移動式鶏小屋を共同開発「地域と鶏、環境に優しい鶏小屋」

8月13日土曜日13:39

【飯田市】カップめん、ガム、アイスクリーム…昭和の懐かしい自動販売機の数々が展示

8月12日金曜日16:14

【阿智村】満蒙開拓平和記念館「鎮魂の夕べ」で犠牲者追悼 明日の平和へ史実語り継ぐ

8月12日金曜日16:03

【飯田市・下伊那】7高校の図書委員が交流会 他校の活動から新たな取り組みのヒントを探る

8月11日木曜日13:14

【リニア中央新幹線】JR東海が「要対策土」公共事業でも管理の意向 積極的に候補地を探す姿勢示す

8月11日木曜日13:37

【高森町】丸山公園平和の丘で「平和をつなぐつどい」 被爆アオギリ「2世」前に平和への思い強める

8月10日水曜日15:31




南信州新聞の購読はこちら

記事の検索はこちらから




印刷について

出版物について

工場見学について

公式Twitter

公式フェイスブック

RSS




南信州飯田観光ガイド2022秋冬

三遠南信biz

南信州企業ナビ

グリムスパンキーニュース

南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞