喬木村が15年連続チャレンジデー 参加率競い2年ぶり勝利

スポーツ

[ 2016年 5月 26日 木曜日 16時22分 ]

 喬木村は25日、1日15分以上の運動をした住民の人口に占める割合を競う笹川スポーツ財団(東京)主催「チャレンジデー」に15年連続で参加した。

 県内の喬木村、南相木村、東御市、小海町の4市村を含む全国128自治体(68市、47町、13村)が参加した。

 喬木村は本別町(北海道)と対戦した。参加率の「70%以上」を目標に、ラジオ体操、ゲートボール、マレットゴルフ、健康大極拳教室、親子ストレッチ、体操教室など午前6時から午後9時にかけて展開。村はイベントに合わせて運動公園テニスコートを無料開放するなど、積極的な参加を呼び掛けた。

 中央社会体育館では小学生を対象にしたスポーツ広場(たかぎスポーツクラブ主催)があり、子どもたちはドッジボールやおにごっこを通じて汗を流していた。男子児童の一人(8)は「勝つことができた」とうれしそうに額の汗をぬぐった。

 喬木の参加率は65%。本別町の58・2%を上回り、2年ぶりの勝利となった。通算成績は12勝7敗。負けた自治体は相手の自治体の旗を庁舎のメインポールに1週間掲揚するのが決まりとあって、本別町は26日、庁舎に喬木の村旗を掲げた。

 チャレンジデーは、参加自治体のうち人口規模がほぼ同じ自治体同士で対戦が組まれる。15分以上継続して運動した人からリポートを送ってもらい、その数の人口比でそろえて多寡を競う。

 

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

【阿智村】村内企業や事業主支援へ 1億円超の新型コロナウイルス緊急経済対策事業

9月25日土曜日14:47

【飯田市】飯田西中1年生が猿庫の泉で野点茶会を体験「抹茶は苦かったけれどすがすがしい気分」

9月25日土曜日13:42

【飯田市・下伊那】マツタケの入荷順調、森林組合北部支所直売所は買い物客でにぎわう

9月24日金曜日17:40

【豊橋市・飯田市】ヤマサちくわがねぎだれに合う練り物を商品化「飯田おでんの具にも」

9月24日金曜日17:08

グリムスパンキーニュース 2021.09.19.

9月23日木曜日16:42

【リニア中央新幹線】長野県内初、伊那山地トンネル青木川工区の本線用トンネル掘削を開始

9月22日水曜日16:15

【飯田市・喬木村】4社がフィットネス市場に向け半生菓子を発売「トレーニングに最適」

9月22日水曜日15:36

【飯田市】市消防団が防災功労者内閣総理大臣表彰「昨年7月豪雨で人命の安全確保と被害軽減に尽力」

9月21日火曜日15:36

【飯田市】「SDGs身近に」田畑茶舗が期限切れのお茶をほうじ茶にする「息吹茶サービス」を開始

9月21日火曜日15:38

【長野5区】衆院任期満了まで1カ月、日程不透明も与野党の動き活発

9月20日月曜日13:58

【飯田市】和田諏訪神社で御柱祭に向けて用材伐採「斧入れ式」

9月20日月曜日13:33

【飯田市】飯田商工会議所が飲食店応援プロジェクト「いいだHappy Eats」始動

9月18日土曜日13:37

【飯田市】飯田署が動物園に委嘱状を交付

9月18日土曜日13:40

【阿南町】阿南高校生が「鈴ケ沢なす」や「鈴ケ沢南蛮」など伝統野菜見学

9月17日金曜日15:28

【飯田市】美術博物館が菱田春草子ども向け鑑賞ガイド作成

9月17日金曜日15:24








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞