563人が山を駆ける 風越登山マラソン大会 新たにチーム対抗戦も

スポーツ

[ 2017年 10月 11日 水曜日 16時55分 ]

最も過酷な「白山社コース」のスタートを切る参加者

 飯田市のシンボル「風越山(かざこしやま)」(標高1538メートル)を舞台にした第63回「風越登山マラソン大会」が体育の日の9日、同市今宮野球場を発着点に開かれ、3部門に計563人が出場して健脚を競った。新企画のチーム対抗戦もあり、例年に増して盛り上がりを見せた。

 市と市教育委員会、飯田長姫ライオンズクラブ、市体育協会などが主催。市民の健康維持や体力の増進とともに、風越山を愛する気持ちを広めようと毎年開いている。

 標高差約1000メートルで最長距離の白山社コース(12・4キロ)をはじめ、虚空蔵山や石灯籠を折り返すコースを設けた「登山マラソンの部」に計334人、かざこし子どもの森公園を周回する「みんなで走ろうの部」に計191人、団体で今庫の泉を往来する「ウオーキングの部」に38人が参加。登山マラソンの部の参加者は平成以降で最も多かった。

 初めて参加した豊丘南小4年の大原悠慎君(9)は「とても楽しかった。坂を下る時、おいしい山の空気をいっぱい吸えた」と満足げ。弟で同2年の悠翔君(7)は「お母さんと一緒に走れたから楽しかった」と笑顔を見せ、母親の容子さんは「子どもに引っ張られる形で走り切ることができました」と汗を拭っていた。

 新企画のチーム対抗戦は各チーム(5人以上10人以下)のゴールタイム上位5人の合計で競い、20チームがエントリー。今回からは参加者全員のゼッケンにICタグを装着し、タイム管理など事務作業の円滑化も図った。

 今宮野球場のコース沿いには地元丸山地区の住民や児童生徒が育てた花々が並び、彩りを添えた。豚汁やリンゴのもてなしもあり、走り終えた参加者たちが心地よい疲労感とともに味わっていた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

【飯田市】「ランタン&シードルジャンボリー」天龍峡の夜空にスカイランタンが舞う

10月26日火曜日15:24

【喬木村】喬木村で村政懇談会始まる 来月29日まで

10月26日火曜日15:36

【飯田市】南信州龍江アウトドアフェス開催 天龍峡マルシェとともに盛況

10月25日月曜日15:24

【大鹿村】JR東海・リニア中央新幹線建設工事の残土搬出を開始

10月25日月曜日15:26

【長野5区】衆院選・初の週末 両候補が精力的に各地を遊説 支持拡大へ激しい論戦

10月25日月曜日15:51

グリムスパンキーニュース 2021.10.17.

10月24日日曜日18:07

【飯田市】3店が共同開発した冷凍折り詰めの全国販売開始「伊那谷の良さを伝えられたら」

10月23日土曜日13:13

【喬木村】曙月庵で阿島傘の展示始まる 茶室を彩る和傘ずらり ライトアップも

10月23日土曜日13:40

【飯田市・下伊那】三遠南信自動車道「飯喬道路第3工区」で初のトンネル掘削工事開始

10月22日金曜日16:20

【飯田市】松尾小4年2組がシトラスリボン作成「コロナ差別をなくそう」

10月22日金曜日15:11

【リニア中央新幹線】JR東海が安全対策をリニア対策委員会で報告 月内は試験走行期間

10月21日木曜日15:53

【飯田市】橋北まちづくり委が春草通りに案内図設置 菱田春草生誕地ほか歴史的建造物の位置を明示

10月21日木曜日15:22

【北部3町村】竜神大橋の建設期成同盟会が総会開く 早期完成を強く要望

10月20日水曜日16:43

【リニア中央新幹線】飯田市が座光寺の共和地区を巡り工事説明会 代替地は来月着工

10月20日水曜日15:51

【飯田市・下伊那】衆院選が公示、5区は与野党一騎打ち 12日間の短期決戦スタート

10月19日火曜日15:51








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞