アジア大会 カヌー矢沢が優勝 日本女子初の金メダルに

スポーツ

[ 2018年 8月 23日 木曜日 15時16分 ]

 インドネシアのジャカルタで開かれているアジア大会第5日の22日、カヌー・スラロームの女子カヤックシングルで飯田市出身の矢沢亜季選手(26歳、昭和飛行機工業所属、飯田西中―埼玉・東野高―駿河台大出)が優勝した。アジア大会のスラローム種目で日本女子初の金メダル。

 決勝は95・83点をマーク。2位通過した準決勝より4・67点も縮めて完勝。ミスを極力抑える巧みなパドルさばきで金メダルをたぐり寄せた。

 2年後の東京五輪でのメダル獲得へ、さらなる飛躍を目指す。父の勝美さん(57)は「参戦しているワールドカップの前半は結果が伴わず苦しんでいた。目標とする東京五輪へ弾みがつく優勝だと思う」と、娘の金メダル獲得を喜んだ。

 矢沢選手は、カヌー選手だった父の手ほどきで小学生の頃からカヌーを始め、地元の天竜川で腕を磨いた。県内にスラロームを強化する高校はなく、カヌー選手としての実績のある兄同様、埼玉県入間市の東野高に進学した。大学卒業後も競技を継続。日本オリンピック委員会(JOC)が主催する「トップアスリート就職支援ナビゲーション」により、昭和飛行機工業に入社した。前回のアジア大会は3位で、2016年リオデジャネイロ五輪は予選敗退だった。

 また、スラロームの男子カナディアンシングル決勝はリオ五輪銅メダルの羽根田卓也選手(ミキハウス)が90・06点で2連覇を果たした。

 【女子】

 ▽スラローム・カヤックシングル準決勝 ②矢沢亜季100・50点

 ▽同決勝 ①矢沢亜季95・83点

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

【リニア中央新幹線】長野県内初、伊那山地トンネル青木川工区の本線用トンネル掘削を開始

9月22日水曜日16:15

【飯田市・喬木村】4社がフィットネス市場に向け半生菓子を発売「トレーニングに最適」

9月22日水曜日15:36

【飯田市】市消防団が防災功労者内閣総理大臣表彰「昨年7月豪雨で人命の安全確保と被害軽減に尽力」

9月21日火曜日15:36

【飯田市】「SDGs身近に」田畑茶舗が期限切れのお茶をほうじ茶にする「息吹茶サービス」を開始

9月21日火曜日15:38

【長野5区】衆院任期満了まで1カ月、日程不透明も与野党の動き活発

9月20日月曜日13:58

【飯田市】和田諏訪神社で御柱祭に向けて用材伐採「斧入れ式」

9月20日月曜日13:33

【飯田市】飯田商工会議所が飲食店応援プロジェクト「いいだHappy Eats」始動

9月18日土曜日13:37

【飯田市】飯田署が動物園に委嘱状を交付

9月18日土曜日13:40

【阿南町】阿南高校生が「鈴ケ沢なす」や「鈴ケ沢南蛮」など伝統野菜見学

9月17日金曜日15:28

【飯田市】美術博物館が菱田春草子ども向け鑑賞ガイド作成

9月17日金曜日15:24

【飯田市】保護猫ふれあいハウスかぎしっぽが閉店へ

9月16日木曜日16:28

【飯田下伊那】からあげグランプリ決勝大会開催へ

9月16日木曜日16:52

【飯田市】風越高生徒有志らが駅前プラザ活用プロジェクト

9月15日水曜日15:50

【大鹿村】観光協会が電動自転車試乗会開く

9月15日水曜日15:12

【飯田市】コロナ感染症対策第10弾を発表

9月14日火曜日15:08








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞