豊丘村でノルディック・ウオーク体験会 2本のポールで気軽に

スポーツ

[ 2015年 7月 7日 火曜日 12時12分 ]

 2本のポールを使ったウオーキングとして近年、人気が高まっているノルディック・ウオークの体験会が5日、豊丘村交流学習センター周辺で行われた。NPO法人とよおか総合型地域スポーツクラブ(酒井浩文代表)が主催。

 子どもから中高年まで一般の参加者のほか、地元インストラクターも含め約20人が体験した。

 ノルディック・ウオークは、手軽で全身運動効果の高い運動。生活習慣病の予防やリハビリテーション、介護予防、ダイエットなどにその効果があるとされる。

 長野県は全国的にも普及が進んでいる方だが、ポールの扱い方など正しい指導が行き届いていない。体験会はインストラクターのスキルアップと、一般の人たちが直接指導を受けられる機会として設けた。

 講師はスポーツ機器メーカー・キザキ(本社小諸市)の社長・木崎秀臣さん。始めに参加者にレンタルポールが渡され、木崎さんがグリップの握り方や、ポールの長さ、位置について説明した。

 「ポールは長くても短くてもだめ。負荷を掛けない姿勢で扱える位置に。ポールサイズとグリップの握り方を間違えるといい運動にはならない」などと指導。続けて参加者一人一人が通常歩行をし、その姿を映像に収めながら歩数や速度も計測した。

 会場を歩道に移してからはノルディック・ウオークの実践体験へ。チーム分けされた参加者らは100メートルほどの距離を往復しながら、正しい歩き方を試行した。

 日本人の歩き方の特徴はあごを引くこと。だが、あごを引くと胸が狭まり運動にならない。木崎さんは「あごは引かずに上げるように。それだけで歩き方が変わる。意識して歩いて」などと指導していた。

 参加者らは歩行を重ねるうちに笑顔で冗談を交わすなど、しだいにリラックスした様子に。最後に運動前と運動後の映像やデータを比較し、ノルディック・ウオークの効果などを検証した。

 高森町吉田から参加した主婦(70)は「体を動かすことが好きで、楽しみにして参加した。これぐらいの運動なら、これからも続けたい」。酒井代表は「地元のステージ(場所や環境)を活用したウオーキングができるよう、こういった体験会を継続したい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

グリムスパンキーニュース 2021.09.19.

9月23日木曜日16:42

【リニア中央新幹線】長野県内初、伊那山地トンネル青木川工区の本線用トンネル掘削を開始

9月22日水曜日16:15

【飯田市・喬木村】4社がフィットネス市場に向け半生菓子を発売「トレーニングに最適」

9月22日水曜日15:36

【飯田市】市消防団が防災功労者内閣総理大臣表彰「昨年7月豪雨で人命の安全確保と被害軽減に尽力」

9月21日火曜日15:36

【飯田市】「SDGs身近に」田畑茶舗が期限切れのお茶をほうじ茶にする「息吹茶サービス」を開始

9月21日火曜日15:38

【長野5区】衆院任期満了まで1カ月、日程不透明も与野党の動き活発

9月20日月曜日13:58

【飯田市】和田諏訪神社で御柱祭に向けて用材伐採「斧入れ式」

9月20日月曜日13:33

【飯田市】飯田商工会議所が飲食店応援プロジェクト「いいだHappy Eats」始動

9月18日土曜日13:37

【飯田市】飯田署が動物園に委嘱状を交付

9月18日土曜日13:40

【阿南町】阿南高校生が「鈴ケ沢なす」や「鈴ケ沢南蛮」など伝統野菜見学

9月17日金曜日15:28

【飯田市】美術博物館が菱田春草子ども向け鑑賞ガイド作成

9月17日金曜日15:24

【飯田市】保護猫ふれあいハウスかぎしっぽが閉店へ

9月16日木曜日16:28

【飯田下伊那】からあげグランプリ決勝大会開催へ

9月16日木曜日16:52

【飯田市】風越高生徒有志らが駅前プラザ活用プロジェクト

9月15日水曜日15:50

【大鹿村】観光協会が電動自転車試乗会開く

9月15日水曜日15:12








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞